メニュー

熱破壊式の医療脱毛クリニックおすすめ9選!蓄熱式レーザーとの違いや施術の仕組みを解説

[2024.04.12]

「熱破壊式の医療脱毛機での施術を受けたい」「熱破壊式レーザーの施術ならどのクリニックがおすすめ?」医療脱毛は施術部位と相性が良い機器を選ぶことも大切なポイントです。

熱破壊式は出力の高いレーザーを照射して、毛根(毛母細胞)の発毛機能に対処する脱毛方式で、多くの機種が照射に対応しています。

剛毛や色素の濃い毛の施術と相性が良い施術方法でもあるため、照射したい部位をもとに熱破壊式脱毛機の有無に注目するのも、後悔のない医療脱毛を利用するうえで大切なポイントです。

当記事では熱破壊式の脱毛機を導入している医療脱毛クリニックをご紹介します。

蓄熱式レーザーとの違いや照射がおすすめの人の特徴についても解説するため、熱破壊式脱毛機の仕組みや利用方法が気になっている方はぜひ参考にしてください。

この記事がおすすめの人

  • 熱破壊式レーザーの仕組みが気になる人
  • 熱破壊式の医療脱毛機を扱うクリニックを知りたい人
  • 熱破壊式での医療脱毛が自分と合っているか気になる人
目次

熱破壊式と蓄熱式の違いは脱毛方式や対応できる毛質にある

医療脱毛機には、大きく分けると熱破壊式と蓄熱式の2種類の脱毛方式が存在します。

  熱破壊式 蓄熱式
照射部位 毛根(毛母細胞)
毛を生成する器官
バルジ領域
発毛を命令する器官
対応する毛質 普通毛〜剛毛 うぶ毛〜剛毛
対応する肌質 色白肌〜普通肌 色白肌〜色黒肌
痛み やや感じやすい 抑えられている
主なレーザーの種類 ダイオードレーザー
アレキサンドライトレーザー
ヤグレーザー
ダイオードレーザー
主な機種 ジェントルマックスプロ
ジェントルレーズプロ
ライトシェアDUET
メディオスターNeXT PRO
ソプラノアイスプラチナム
ソプラノチタニウム

脱毛方式によってさまざまな違いがあるため、施術を受ける際は特徴をふまえて自分に合ったものを選ぶことが大切です。

なかでも明確な違いがあるのが、以下3つのポイントです。

脱毛方式による違い

  • 照射する部位の違い
  • 対応している毛質や肌質の違い
  • 痛みの感じ方の違い

脱毛方式による違いはそれぞれの照射方式により生じるもので、相性の良い脱毛方式の施術を受けることは医療脱毛の効果の違いにも繋がります。

以下からは、医療脱毛における熱破壊式と蓄熱式の違いについて、さらに詳しく解説します。

熱破壊式は毛母細胞に照射して発毛機能を抑制している

熱破壊式脱毛機は毛根(毛母細胞)に対して、蓄熱式脱毛機はバルジ領域に対して照射します。

毛母細胞とバルジ領域は、それぞれ以下の役割を持つ器官です。

器官ごとの役割の違い

  • 毛母細胞:血液から運ばれてきた栄養をもとに毛を生成する器官
  • バルジ領域:発毛を促す命令を出し、毛母細胞に毛を生成させる器官

いずれの器官もレーザーの熱を照射することで発毛機能を抑制し、医療脱毛の施術を目指せます。

照射する器官の違いにより、施術ではレーザーを照射する出力や照射方法に違いが生じることがポイントです。

毛母細胞に照射する熱破壊式では出力の高いレーザーを1回で照射しており、対処できた毛は照射して1〜2週間で毛が自然に抜け落ちるポップアップ現象が起きます。

対してバルジ領域に照射する蓄熱式は出力を抑えたレーザーを複数回照射し、対処できた毛は施術を重ねるごとに少しずつ薄くなっていきます。

以上の違いにより、熱破壊式は効果がわかりやすい脱毛方式だといえるため、効果を重視するなら熱破壊式脱毛機を選ぶのも良いでしょう。

熱破壊式は色素の濃い毛や色白肌の医療脱毛と相性が良い

熱破壊式脱毛機は色白肌や色素の濃い毛の施術に、蓄熱式脱毛機は色素の有無に関係なく幅広い毛質や肌質の施術に向いています。

この違いは、照射に際してレーザーが色素に反応するかどうかにより生じます。

熱破壊式は毛や肌を黒く見せるメラニン色素に反応してレーザーを照射するため、肌に色素が少なく毛に色素が多く含まれている部位への施術と相性が良いことが特徴です。

つまり肌にも色素が多い色黒肌や日焼け肌は、照射する必要がない肌にもレーザーが反応してしまい、肌荒れが起きたり効果を十分に期待できない恐れがあるため注意が必要です。

対して蓄熱式脱毛機は色素の薄いうぶ毛や色黒肌などであっても、色素の有無に関係なく照射できます。

そのため効果面もふまえて、熱破壊式で照射できる部位には熱破壊式レーザーを、照射できない部位には蓄熱式レーザーを使って施術する方法が向いているといえます。

熱破壊式は強い熱と光を照射するため強い痛みを感じる場合がある

熱破壊式脱毛機と蓄熱式では、レーザーの照射方法により痛みの感じ方に違いが生じます。

脱毛方式別の痛みの感じ方

  • 熱破壊式:輪ゴムで弾かれたような痛みを強く感じやすい
  • 蓄熱式:熱による痛みが抑えられている

痛みの感じ方に違いが出るのは、レーザーの照射方法が異なるためです。

熱破壊式は出力の高いレーザーを照射するのに対して、蓄熱式は出力を抑えたレーザーを複数回に分けて照射するため、レーザーの持つ熱による痛みが抑えられています。

そのため痛みが抑えられていることを重視するなら、蓄熱式脱毛機による施術を受けるのも選択肢の1つです。

ただし熱破壊式脱毛機は痛みに配慮された機種も多く存在します。

なかでもジェントルレーズプロやジェントルマックスプロは、照射と同時に冷却ガスを噴射し、熱による痛みや肌トラブルに対処しています。

また医療脱毛は医療機関で行われるため、麻酔の処方に対応しているクリニックも多く、熱破壊式であっても痛みを抑えながら施術を受けることは可能です。

医療脱毛の痛みに対処する際は、脱毛方式や脱毛機の選び方はもちろん、麻酔をはじめ施術の利用方法でも工夫してみてください。

熱破壊式レーザーのおすすめ医療脱毛クリニック9選

熱破壊式レーザーでの照射を受けられるおすすめの医療脱毛クリニックを9院紹介します。

当記事では料金プラン、導入している脱毛機、麻酔や剃り残し対応などのサービス内容をもとにおすすめのクリニックを選出しました。

まずはおすすめのクリニック9院の特徴について、表でまとめてご覧ください。

クリニック名 全身脱毛5回の料金 おすすめポイント シェービング対応 麻酔対応 診療時間 医院数
レジーナクリニック詳細はこちら 66,000円 麻酔代やシェービング代がプラン料金に含まれている 無料対応 無料対応 月〜金 12:00〜21:00
土日祝 11:00〜20:00
全国22院
ルシアクリニック詳細はこちら 132,000円 3種類の熱破壊式の脱毛機を導入して施術に対応 剃り残しのみ無料対応 1部位3,300円 月〜土 11:00〜20:00
日祝 10:00〜19:00
全国17院
リゼクリニック詳細はこちら 64,800円 熱破壊式の脱毛機を含む4機種で医療脱毛に対応している 剃り残しのみ無料対応 1部位3,300円 10:00〜20:00 ※14:00〜15:00は休診 全国26院
アリシアクリニックアリシアバナー詳細はこちら 69,800円
(VIO含む)
4回分の施術予約を初回時にまとめて確保できる 剃り残しのみ無料対応 1部位3,000円〜 11:00〜20:00 全国22院
エミナルクリニック詳細はこちら 68,000円
(VIO含む)
最短1ヶ月に1回ペースで医療脱毛を受けられる 手が届かない部位のみ無料対応 1回3,000円 11:00〜21:00 全国50院以上
TCB東京中央美容外科
詳細はこちら
98,000円 全国90院以上のクリニックを自由に移動して施術を受けられる 1部位2,000円〜3,000円 1部位2,750円 10:00〜19:00 全国90院以上
クレアクリニック
詳細はこちら
173,400円 完全個室の施術室やパウダールームを完備 無料対応 1部位3,300円 月 12:00〜21:00
火〜日 11:00〜20:00
新宿1院
フェミークリニック
詳細はこちら
220,000円 複数種類の医療脱毛機を導入して施術に対応 無料対応 1部位3,300円 11:00〜20:00(水曜休診) 全国6院
あおばクリニック
詳細はこちら
99,000円
(1回19,800円の都度払い)
都度払いのみの料金プランで医療脱毛を受けられる 1部位1,000円〜 対応なし 11:00〜19:00
(新宿院の診療時間)
全国29院

以下からは、熱破壊式の医療脱毛を受けられるおすすめクリニックについて、さらに詳しく解説します。

医療脱毛クリニック選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

レジーナクリニックは麻酔やシェービング代が料金に含まれている

おすすめポイント

  • 麻酔やシェービング代がプラン料金に含まれている
  • 全身脱毛デビュープランを月々1,000円から利用できる
  • 平日21時まで施術に対応している
料金プラン
全身脱毛デビュープラン(VIO含む)5回 66,000円
全身脱毛(顔・VIO含む)5回 360,000円
VIO脱毛5回 90,000円

レジーナクリニックはプラン料金に麻酔処置代やシェービング代が含まれており、別途支払う必要がありません。

全身脱毛はデビュープランから用意されており、VIO含む全身脱毛5回で66,000円、月々1,000円※から始められます。

ほかにも全身脱毛から部分脱毛まで、多彩なプランが用意されているため、必要な部位だけ施術を受けたいと考えている方にもおすすめです。

なおクリニックは平日21時まで診療しており、夜の時間帯も施術を受け付けています。

「平日の仕事終わりや学校終わりにクリニックに通いたい」と考えている方は、ぜひ平日夜にも利用できるレジーナクリニックでの施術を検討してみてください。

※全身脱毛デビュープランの料金121,000円を60回払いで利用した場合の月々の支払い料金

レジーナクリニックの公式サイトへ

導入脱毛機 ジェントルレーズプロ
ソプラノチタニウム
ソプラノアイスプラチナム
シェービング対応 無料対応
麻酔対応 無料対応
予約キャンセル対応 施術2営業日前20時まで無料対応
予約方法 WEB・電話
診療時間 月〜金 12:00〜21:00
土日祝 11:00〜20:00
店舗数 全国22院

ルシアクリニックは熱破壊式を含む3種類の脱毛機を取り扱っている

おすすめポイント

  • 3種類の熱破壊式の脱毛機を導入している
  • 剃り残しのシェービング対応に無料で対応
  • 施術範囲ごとに4種類の回数別コースを展開
料金プラン
シンプル全身脱毛(服の上から見える部位)5回 83,000円
ルシア式まるごと全身脱毛5回 132,000円
VIO脱毛5回 88,000円

ルシアクリニックは熱破壊式レーザーを照射できる3種類の医療脱毛機を導入しており、施術部位や相性をもとに選んでもらえます。

顔・VIOを除く全身脱毛5回は132,000円から利用でき、全身をはじめ広範囲の施術も1回の通院で照射してもらえることが特徴です。

また剃り残しのシェービングも無料で対応してもらえるため、手が届きにくい部位の医療脱毛を考えている方も、スムーズに施術を利用できるでしょう。

なお施術プランは、範囲ごとに1回・5回・8回・10回の回数別コースが用意されています。

うぶ毛まで医療脱毛で対処したいと考えている方は、8回〜10回の回数が多いコースの利用するのも選択肢の1つです。

ルシアクリニックの公式サイトへ

導入脱毛機 ジェントルレーズプロ
ジェントルマックスプロ
ベクタス
シェービング対応 剃り残しのみ無料対応
麻酔対応 1部位3,300円
予約キャンセル対応 施術前日まで無料
予約方法 WEB・電話
診療時間 月〜土 11:00〜20:00
日祝 10:00〜19:00
店舗数 全国17院

リゼクリニックは熱破壊式を含む4機種の脱毛機で施術している

 

 

おすすめポイント

  • 熱破壊式脱毛機を含む4種類の機種で施術に対応
  • 2種類の麻酔で施術に痛みに対応している
  • 医療脱毛の追加照射プランが用意されている
料金プラン
全身脱毛(顔・VIO除く)5回 64,800円
全身脱毛(顔・VIO含む)5回 129,800円
VIO脱毛5回 81,600円

リゼクリニックは熱破壊式レーザーを含む4機種を導入しており、施術部位と相性が良いレーザーでの施術を受けられます。

導入している脱毛機は熱破壊式のほか、蓄熱式レーザーも照射できるため、幅広い毛質や肌質に対応した施術を利用できるでしょう。

さらに麻酔はクリームタイプのほか笑気麻酔も取り扱いがあり、2種類の麻酔から利用したい方を選択できます。

なお施術プランは5回セットが中心ですが、コース終了後は追加照射プランの契約にも対応しています。

5回の施術を終えて、さらに追加で施術を受けたい場合は、追加照射プランも利用して通院するのもおすすめです。

リゼクリニックの公式サイトへ

導入脱毛機 ライトシェアDUET
ジェントルヤグプロ
メディオスターNeXT PRO
ラシャ
シェービング対応 剃り残しのみ無料対応
麻酔対応 麻酔クリーム 1部位 3,300円
笑気麻酔 1回 3,300円
予約キャンセル対応 施術3時間前まで無料対応
予約方法 WEB・電話
診療時間 10:00〜20:00 ※14:00〜15:00は休診
店舗数 全国26院

アリシアクリニックは4回分の医療脱毛の施術予約をまとめて取れる

アリシアバナー

 

おすすめポイント

  • 4回分の施術予約をまとめて確保できる
  • 当日施術時間まで予約のキャンセルに対応している
  • VIOを含む全身脱毛を最短30分で照射してもらえる
料金プラン
全身脱毛(VIO含む)5回 69,800円
全身脱毛(顔・VIO含む)5回 144,800円

アリシアクリニックは初回施術時に4回分の施術予約をまとめて確保できます。

施術ごとに予約について考えることなく施術を利用できるため、「予約について毎回考えるのが面倒」と考えている方におすすめです。

なお施術予約は当日施術時間までであれば無料でキャンセル変更対応をおこなっています。

予約のまとめ取りはもちろん、急に予定が変わった際も追加料金なしで対応してもらえるため、WEB予約システムを活用しながら通院しましょう。

施術では照射スピードの速い熱破壊式脱毛機を導入しており、VIOを含む全身脱毛も最短30分で照射を済ませられます。

VIO含む全身脱毛5回は69,800円から利用できるため、時間を有効活用しながら全身の医療脱毛を利用したい方も、ぜひアリシアクリニックでの施術をご利用ください。

アリシアクリニックの公式サイトへ

導入脱毛機 ライトシェアDUET
ソプラノチタニウム
スプレンダーX
シェービング対応 剃り残しのみ無料対応
麻酔対応 麻酔クリーム 1部位 3,000円
笑気麻酔 1回 11,000円
予約キャンセル対応 施術時間まで無料対応
予約方法 WEB・電話
診療時間 11:00〜20:00
店舗数 全国22院

エミナルクリニックは最短1ヶ月に1回ペースで照射を受けられる

 

おすすめポイント

  • 最短1ヶ月に1回ペースで施術に通える
  • 全身の医療脱毛を専門とするクリニック
  • 熱破壊式と蓄熱式を切り替えながら施術
料金プラン
全身脱毛(VIO含む)5回 68,000円
全身脱毛(顔・VIO含む)5回 144,000円

エミナルクリニックは最短1ヶ月に1回のペースで照射を受けられるため、全身脱毛5回は最短4ヶ月でコースを終えられます。

クリニックは全身の医療脱毛を専門としており、VIO含む全身脱毛も5回68,000円から始められるため、すぐに全身脱毛を始めたいと考えている方におすすめです。

施術では熱破壊式と蓄熱式いずれも照射できるクリスタルプロを使用して施術に対応しており、照射部位に合わせて切り替えてもらえます。

毎日21時まで診療に対応しているため、時間を有効活用しながら全身の医療脱毛を始められるでしょう。

エミナルクリニックの公式サイトへ

導入脱毛機 クリスタルプロ
シェービング対応 1部位 1,000円(手が届かない部位のみ無料対応)
麻酔対応 1回 3,000円
予約キャンセル対応 WEB 前日18時まで
電話 3営業日前13時まで
予約方法 WEB・電話
診療時間 11:00〜21:00
店舗数 全国50院以上

TCB東京中央美容外科は全国90院以上のクリニックを自由に移動できる

おすすめポイント

  • 全国90院以上のクリニックを自由に利用できる
  • 全身脱毛5回を9万円台で始められる
  • 熱破壊式と蓄熱式を切り替えながら照射
料金プラン
全身脱毛(顔・VIO除く)5回 98,000円
全身脱毛(顔・VIO含む)5回 389,000円
VIO脱毛5回 48,000円

TCB東京中央美容外科は全国90院以上のクリニックを展開しており、施術ごとに医院を自由に移動して予約できます。

そのため地方にお住まいの方はもちろん、予約の空き状況を見ながら広く医院を利用したいと考えている方にもおすすめのクリニックです。

全身の医療脱毛は5回98,000円から受け付けており、手軽に全身脱毛を始められます。

施術では2機種の医療脱毛機を導入しており、なかでもラシャは熱破壊式と蓄熱式を切り替えながら照射できます。

これにより、施術部位の肌質や毛質をもとに相性の良い脱毛方式で施術にも対応可能です。

全身脱毛をはじめ広範囲の施術を計画している方は、ぜひTCB東京中央美容外科での施術も検討してみてください。

TCB東京中央美容外科の公式サイトへ

導入脱毛機 ラシャ
メディオスターNeXT PRO
シェービング対応 1部位 2,000円〜3,000円
麻酔対応 麻酔クリーム 1部位 2,750円
笑気麻酔 1回 2,750円
予約キャンセル対応 予約2日前まで無料対応
予約方法 WEB・LINE・電話
診療時間 10:00〜19:00
店舗数 全国90院以上

クレアクリニックは完全個室の施術質を利用できる

おすすめポイント

  • 完全個室の院内で施術を受けられる
  • 施術前後は常備のスキンケア用品を利用できる
  • 利用者個人の専用シェーバーを用意して対応
料金プラン
全身脱毛(顔・VIO除く)5回 173,400円
全身脱毛(顔・VIO含む)5回 303,450円
VIO脱毛5回 79,500円

クレアクリニックは利用者のプライバシーに配慮するため、診察室や施術室、パウダールームまで完全個室で用意しています。

診察や施術はもちろん、施術後の身支度もほかの利用者に見られる心配がないため、人目が気になる方におすすめのクリニックです。

施術前後はクレンジングや化粧水をはじめとしたスキンケア用品を無料で利用できるため、持参する必要はありません。

さらにシェービングは無料対応であるだけでなく、利用者専用のマイシェーバーを用意し、衛生面にも配慮されています。

マイシェーバーの購入代金もプラン料金に含まれているため、シェービングが苦手な方や自分では手が届かない部位の施術を考えている方も、追加料金について考えることなく施術を受けられるでしょう。

クレアクリニックの公式サイトへ

導入脱毛機 ライトシェアDUET
シェービング対応 無料対応
麻酔対応 1部位 3,300円
予約キャンセル対応 施術時間まで無料対応
予約方法 WEB・LINE・電話
診療時間 月 12:00〜21:00
火〜日 11:00〜20:00
店舗数 新宿1院

フェミークリニックは複数種類の脱毛機で幅広い毛質に対応

おすすめポイント

  • 複数の医療脱毛機を導入して施術に対応している
  • シェービングに追加料金が掛からない
  • 男女ともに医療脱毛の施術を利用できる
料金プラン
全身脱毛(顔・VIO除く)5回 220,000円
全身脱毛(VIO含む)5回 297,000円
VIO脱毛5回 88,000円

フェミークリニックは複数種類の医療脱毛機を導入しており、医院ごとに導入する機種が異なります。

いずれのクリニックでも幅広い毛質や肌質に対応できるよう脱毛機を導入しているため、医院と相談しながら施術方法を決められるでしょう。

なおクリニックでは剃り残しのシェービングに追加料金が掛からないため、全身脱毛をはじめ自己処理が難しい部位の施術を受ける方にもおすすめです。

またクリニックでは男女問わず医療脱毛を受け付けており、男女で異なる施術プランを用意しています。

施術の相談や予約はWEBのほか、LINEからも利用できるため、気になることはLINEで相談したうえで来院するのも良いでしょう。

フェミークリニックの公式サイトへ

導入脱毛機 ジェントルマックスプロ
ライトシェアDUET
メディオスターNeXT PRO ほか店舗により異なる
シェービング対応 無料対応
麻酔対応 1部位 3,300円
予約キャンセル対応 施術2日前まで無料対応
予約方法 WEB・LINE・電話
診療時間 11:00〜20:00(水曜休診)
店舗数 全国6院

あおばクリニックは都度払いで医療脱毛を受けられる

おすすめポイント

  • 都度払いのみの医療脱毛プランを展開している
  • 3種類の医療脱毛機を導入して施術に対応
  • 過ごしやすさを大切にした明るい院内設備
料金プラン
全身+うなじ脱毛1回 19,800円
パーツ脱毛1回 1,800円〜

あおばクリニックは都度払いの医療脱毛プランを用意しており、分割払いに対応していません。

全身脱毛は1回19,800円から利用でき、施術ごとに料金を支払うことになるため、経過を見ながら自分に必要な回数を見極めて通えます。

医療脱毛の施術では、熱破壊式を含む3種類の医療脱毛機を導入して対応しています。

なかでも熱破壊式脱毛機であるジェントルマックスプロは男性のみ照射に対応しているため、医師と相談しながら自分に合った脱毛機を選びましょう。

クリニックは全国に29院を展開しており、いずれの医院も明るく過ごしやすさが大切にされています。

施術室は壁で隔たれており外からは見えないようになっているほか、パウダールームも仕切り付きのため、院内の雰囲気を重視して医療脱毛クリニックを選びたい方にもおすすめです。

あおばクリニックの公式サイトへ

導入脱毛機 ジェントルマックスプロ(男性のみ)
ジェントルレーズ
ラ・フィーユ
シェービング対応 1部位1,000円〜
麻酔対応 対応なし
予約キャンセル対応 施術前日まで無料対応
予約方法 WEB・電話
診療時間 11:00〜12:30 / 14:00〜19:00(新宿院の診療時間)
店舗数 全国29院

熱破壊式の医療脱毛がおすすめの人の特徴3つ

熱破壊式の医療脱毛機は、施術に関して以下の特徴や考え方に当てはまる人におすすめです。

熱破壊式の医療脱毛がおすすめの人

  • 色白肌で色素の濃い剛毛が多く生えている人
  • 痛みよりも効果を重視して医療脱毛を受けたい人
  • 早く医療脱毛の効果を期待したい人

熱破壊式脱毛機は、色素に反応してレーザーを照射するため、色白肌や色素の濃い毛が多く生えている人におすすめです。

ただし出力の高いレーザーを照射するため、痛みよりも効果を重視したい人におすすめの施術方法だといえるでしょう。

また熱破壊式の医療脱毛機は、照射後1〜2週間ほどで毛が自然に抜け落ちるため、効果がわかりやすいことも脱毛機選びにおいて知っておきたいポイントです。

以下からは熱破壊式脱毛機による医療脱毛がおすすめの人について、さらに詳しくご覧ください。

色白肌で色の濃い剛毛が多く生えている人

熱破壊式医療脱毛機は色素に反応してレーザーを照射するため、色白肌の人や色素の濃い毛が多く生えている人におすすめです。

そのためVIO脱毛やワキ脱毛のほか、色白肌の方の手足脱毛とも相性が良いといえます。

対して色素沈着や日焼けが見られる肌は照射できないため、施術を利用する際は日焼け対策や肌の黒ずみ対策を欠かさないようにしましょう。

なお「どれくらい色白であれば照射できるか」等は、クリニックの判断によっても異なります。

熱破壊式の医療脱毛を利用できるかどうかは、契約前の無料カウンセリングでも判断してもらえるため、あらかじめ相談したうえでクリニックや施術方法を検討するのもおすすめです。

熱破壊式の医療脱毛は、色白肌や剛毛が多く生えている方と相性が良いため、施術部位をもとに熱破壊式レーザーを使用できるかどうか検討しましょう。

痛みよりも効果を重視したい人

熱破壊式の医療脱毛は、痛みよりも効果を重視したい人におすすめの脱毛方式です。

熱破壊式の医療脱毛機は照射出力の高いレーザーによる施術を受けられますが、出力が高いからこそ痛みを強く感じてしまう恐れもあります。

特に毛が密集して生えているVIOやワキの施術では、強い痛みを感じる可能性があるため、痛みがあることを把握したうえで施術の利用を検討しましょう。

なお痛みを抑える方法として、以下の手段が挙げられます。

熱破壊式脱毛の痛みを抑える方法

  • クリニックで麻酔を処方してもらう
  • 冷却ジェルや脱毛機の冷却装置を活用する
  • レーザーの出力を下げてもらう
  • 念入りに保湿してバリア機能を高める

基本的には麻酔の処方や冷却装置、出力調整を活用して痛みに対処する方法が挙げられます。

なお痛みは照射部位を念入りに保湿してバリア機能を高めることでも抑えることが可能です。

熱破壊式の医療脱毛は痛みを感じやすい施術だからこそ、対処法も取り入れながら施術を利用してください。

早く医療脱毛の効果を期待したい人

施術による効果を早く期待したい人にも熱破壊式の医療脱毛がおすすめです。

熱破壊式の医療脱毛であれば効果を早く期待できるとされる理由として、以下が挙げられます。

熱破壊式なら早い効果を期待できる理由

  • ポップアップ現象が起きて変化がわかりやすいため
  • 剛毛や色素の濃い毛の対処に向いている脱毛方式であるため

熱破壊式の医療脱毛機は出力の強いレーザーを照射でき、対処できた毛は1〜2週間ほどで抜け落ちるポップアップ現象が起きます。

ポップアップ現象が起きれば、医療脱毛による毛の変化がわかりやすいため、熱破壊式の医療脱毛は経過を確認しやすい施術方法だといえます。

さらに熱破壊式脱毛は、目立つ剛毛や色素の濃い毛と相性が良い脱毛方式です。

つまり照射を受けると目立つ毛から変化していくため、この点も施術部位の変化がわかりやすい理由の1つです。

医療脱毛による経過を逐一確認したい人、早く効果を実感したい人も、ぜひ熱破壊式脱毛機による施術を検討してみてください。

熱破壊式の医療脱毛を利用するなら知っておきたい注意点

熱破壊式の医療脱毛を利用するなら、肌トラブルや想定外の出費に悩まされないよう、注意点を守って利用することが大切です。

熱破壊式の医療脱毛を利用する注意点

  • 痛みが強い場合は麻酔や照射出力について相談する
  • 通院中は念入りな保湿や日焼け対策を行う
  • プラン料金や追加料金のシステムを把握してから契約する

熱破壊式の医療脱毛は痛みを強く感じてしまう恐れがあるため、麻酔や出力調整、保湿ケアなどによる痛み対策は重要です。

痛みに対処することは肌トラブルのリスクを防ぐうえでも大切なことのため、あらかじめ対策したうえで施術を受けてください。

また医療脱毛はプラン料金とは別途支払う必要がある追加料金が発生するクリニックもあります。

あとから追加料金の支払いに悩まされないためにも、料金システムや追加料金のルールを必ず把握しておくことも忘れてはいけません。

以下からは、熱破壊式脱毛機による医療脱毛を利用する注意点について、さらに詳しく解説します。

痛みが強い場合は麻酔の処方や出力レベルについて相談する

熱破壊式の医療脱毛で痛みを強く感じた際は、麻酔の処方や出力レベルについてクリニックと相談してください。

熱破壊式の医療脱毛はレーザーの出力が高く、痛みを強く感じる可能性があります。

痛みは体からの警告であり、我慢しすぎれば肌トラブルの兆候を見逃すことにも繋がってしまうため、我慢できない痛みを感じた際はクリニックと相談しましょう。

クリニックでできる痛みの対処法として挙げられるのが、以下の2つです。

クリニックでの痛みの対処法

  • クリーム状の麻酔などを処方する
  • レーザーの出力を下げる

麻酔の処方は医療機関での施術ならではの対処法です。

ただしクリニックによっては麻酔の処方が別料金であったり、麻酔の処方に対応していない場合もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

またレーザーの出力を下げる方法は、決まった回数で十分な効果を期待できない可能性もあるため注意が必要です。

レーザーの出力調整はあくまでも手段の1つとして、痛みへの対処法はクリニックと相談しながら慎重に検討してください。

通院中は念入りな保湿や日焼け対策を行う

医療脱毛の通院中に念入りな保湿や日焼け対策を行なっておく必要があることには、それぞれ以下の理由があります。

ケア方法 必要な理由
保湿ケア ・肌のバリア機能を高めて痛みや肌荒れを抑えるため
・シェービングによる肌の乾燥や肌荒れを防ぐため
日焼け対策 ・肌の色素沈着を防ぎ熱破壊式での照射を可能にするため
・肌の乾燥を防ぎ痛みや肌荒れのリスクを抑えるため

医療脱毛による痛みは、施術部位が乾燥し荒れやすい状態であれば強く感じやすい傾向にあります。

レーザー照射による肌荒れの原因にもなるため、保湿ケアと日焼け対策で念入りに対策しておきましょう。

また熱破壊式の医療脱毛機は色素に反応して照射する脱毛機のため、通院中に日焼けすると照射できなくなってしまう恐れもあります。

熱破壊式の医療脱毛機での施術を利用したい際は、計画的に施術に通えるよう保湿と日焼け対策を怠らないよう過ごしてください。

施術料金のほかに掛かる追加料金のシステムを把握しておく

医療脱毛の施術はプラン料金のほか、追加料金が必要なクリニックも多く存在するため、あらかじめ料金システムを確認しておきましょう。

医療脱毛の追加料金として掛かる可能性があるものを紹介します。

医療脱毛の追加料金

  • 医師による診察料やカウンセリング料
  • 痛みが強い部位の麻酔処置代
  • 施術部位のシェービング代
  • 施術予約のキャンセル変更手数料
  • 利用するクリニックの移動手数料
  • 施術部位の肌荒れを防止するための処方箋代

そのほか、クリニックによって追加料金に関する取り決めは異なります。

追加料金について正しく把握していなければ、思わぬ出費がかさんで支払いに悩まされてしまう恐れがあるため、必ずルールを確認しておきましょう。

医療脱毛における追加料金のルールは、クリニック公式サイトから確認できるほか、契約前のカウンセリングでも相談できます。

利用したいクリニックが見つかったら、施術料金とは別に掛かる追加料金のルールも必ず把握したうえで、施術を利用するか検討してください。

熱破壊式レーザーでの医療脱毛に関するよくある質問

熱破壊式レーザーによる医療脱毛を利用したい人向けのよくある質問に対する回答を紹介します。

まずは当記事で紹介するよくある質問と、その簡単な回答について表でご覧ください。

よくある質問 回答
どれくらい通う必要がありますか? 5〜8回を目安に通う必要がある
永久脱毛はできますか? 永久脱毛の定義に当てはまる施術を受けられる
熱破壊式ならジェントルマックスプロがおすすめですか? おすすめの脱毛機の1つである
熱破壊式の医療脱毛機にはどのような種類がありますか? ジェントルレーズプロをはじめさまざまな機種がある
どのような支払い方法がありますか? 現金払いやカード払い、医療ローンなどさまざまな選択肢がある

医療脱毛を受けるなら、熱破壊式レーザーの仕組みや特徴だけでなく、クリニックの利用方法や具体的な脱毛機の種類についても知っておくことが大切です。

熱破壊式レーザーを照射できる脱毛機にはさまざまな機種があり、利用する脱毛機によっても施術の特徴が異なるため、自分に合った施術プランを見つけましょう。

以下からは熱破壊式レーザーによる医療脱毛に関するよくある質問について、さらに詳しく回答します。

熱破壊式の医療脱毛はどれくらい通う必要がありますか?

熱破壊式の医療脱毛は5〜8回を目安に通う必要があります。

複数回通う必要があるのは、医療脱毛が毛周期(毛が生え変わる周期)における成長期の毛にのみ効果を期待できる施術であるためです。

そのため毛周期に合わせて複数回の施術に通い、自己処理の必要ない仕上がりを目指す必要があります。

回数ごとに目指せる仕上がりや効果が異なるため、あらかじめ把握したうえで通院回数を検討してください。

回数別の効果の目安

  • 2〜3回:毛量が減り自己処理の機会を減らせる
  • 4〜5回:目立つ毛がほとんどなくなる
  • 6〜8回以上:うぶ毛もほとんど目立たなくなる

効果には個人差があるため、基本的には経過を見ながら必要な回数を通っていく必要があります。

特にうぶ毛の1本も目立たない仕上がりを目指したいのであれば、8回以上のプランを選ぶのもおすすめです。

熱破壊式レーザーによる医療脱毛を利用する際は、照射部位の毛量や目指す仕上がりをもとに、必要な施術回数も検討したうえで利用プランを検討してください。

熱破壊式の医療脱毛で永久脱毛はできますか?

熱破壊式の医療脱毛で永久脱毛に当てはまる施術を受けることは可能です。

なお医療における永久脱毛は、以下のように定義されています。

永久脱毛の定義

  • 「3回の施術から6ヶ月後、2/3以上減毛している」FDA(アメリカ食品医薬品局)より
  • 「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である」AEA(米国電気脱毛協会)より

アメリカでは2つの機関から以上のように定義されており、日本でもこの定義に当てはまる施術を永久脱毛と呼んでいます。

注意したいのは、永久脱毛は生涯1本も毛が生えてこなくなる施術ではない点です。

熱破壊式医療脱毛は、永久脱毛の定義に当てはまる施術を受けられますが、施術後にまた毛が生えてくる可能性はあります。

ただし生えてきたとしても毛量や毛の濃さが元通りになる可能性は低いため、後悔のないよう施術範囲について慎重に検討する必要がある施術です。

熱破壊式レーザーによる施術を受ける際は、永久脱毛の定義をふまえたうえで利用してください。

参考:国民生活センター|なくならない脱毛施術による危害

熱破壊式ならジェントルマックスプロがおすすめですか?

熱破壊式レーザーによる施術を受けられる脱毛機として、ジェントルマックスプロはおすすめです。

ジェントルマックスプロとは、アメリカのシネロン・キャンデラ社が開発した医療脱毛機の1種で、日本国内でも多くの医療脱毛クリニックで導入されています。

ジェントルマックスプロの特徴について、表でご覧ください。

脱毛方式 熱破壊式
レーザーの種類 アレキサンドライトレーザー
ヤグレーザー
対応する毛質 うぶ毛〜剛毛・硬毛化毛
対応する肌質 色白肌〜色黒肌
冷却装置 冷却ガスを噴射する機能を搭載
照射面積 1照射で5〜18mm(オプションヘッド導入で最大24mm)

ジェントルマックスプロは2種類のレーザーを切り替えながら照射できる脱毛機です。

なかでもヤグレーザーは色素の有無に関係なく照射でき、1台で幅広い毛質や肌質に対応できます。

さらに熱破壊式レーザーの照射による痛みに対処するため、冷却装置も搭載されています。

痛みに対処しながら広い部位に照射できる機種のため、熱破壊式の医療脱毛を利用するならジェントルマックスプロを導入するクリニックに注目するのもおすすめです。

熱破壊式の医療脱毛機にはどのような種類がありますか?

熱破壊式の医療脱毛器として、ジェントルマックスプロをはじめさまざまな種類が挙げられます。

機種名 照射できるレーザーの種類 対応する毛質 対応する肌質 痛み
ジェントルマックスプロ アレキサンドライトレーザー
ヤグレーザー
うぶ毛〜剛毛 色白肌〜色黒肌 痛みを感じやすい
(冷却装置あり)
ジェントルマックスプロプラス アレキサンドライトレーザー
ヤグレーザー
うぶ毛〜剛毛 色白肌〜色黒肌 痛みを感じやすい
(冷却装置あり)
ジェントルレーズプロ アレキサンドライトレーザー
普通毛〜剛毛 色白肌〜普通肌 痛みを感じやすい
(冷却装置あり)
ジェントルヤグプロ ヤグレーザー うぶ毛〜剛毛 色白肌〜色黒肌 痛みを感じやすい
(冷却装置あり)
ライトシェアDUET ダイオードレーザー うぶ毛〜剛毛 色白肌〜普通肌 抑えられている
スプレンダーX アレキサンドライトレーザー
ヤグレーザー
うぶ毛〜剛毛 色白肌〜色黒肌 痛みを感じやすい
(冷却装置あり)

同じ熱破壊式の医療脱毛機でも、照射するレーザーの種類や機能には違いがあります。

特にアレキサンドライトレーザーやヤグレーザーを照射する機種は痛みを強く感じてしまう恐れがありますが、冷却機能が搭載されたものが多いことが特徴です。

医療脱毛を利用する際は熱破壊式の医療脱毛を利用できることはもちろん、機種に注目してクリニックを選ぶのもおすすめです。

医療脱毛にはどのような支払い方法がありますか?

医療脱毛の施術では、現金やクレジットカード払いをはじめ支払い方法にはさまざまな選択肢があります。

医療脱毛の主な支払い方法

  • 現金(一括)
  • クレジットカード(一括または分割)
  • 医療ローン(分割)
  • 電子マネー(一括)

クリニックによってどのような支払い方法を利用できるかは異なります。

特にクレジットカードや医療ローンなど分割払いできる方法は、まとまったお金をすぐに用意できなくてもプラン契約できることが魅力です。

しかし分割手数料がかかる場合もあるため、手数料を含めた総額の支払い料金を確認したうえで利用しましょう。

同じ施術プランでも、支払い方法によって出費額は大きく変わります

医療脱毛の施術を利用する際は、料金システムだけでなく支払い方法にも注目して、後悔のない医療脱毛の利用方法を検討してください。

HOME

ブログカテゴリー

AGA
お知らせ
ご案内
分類なし
医療脱毛
千葉市
中央区
稲毛区
緑区
美浜区
花見川区
若葉区
千葉県
いすみ市
佐倉市
八千代市
八街市
匝瑳市
南房総市
印西市
君津市
四街道市
富津市
富里市
市原市
市川市
成田市
我孫子市
旭市
木更津市
東金市
松戸市
柏市
流山市
浦安市
白井市
習志野市
船橋市
茂原市
袖ヶ浦市
野田市
銚子市
鎌ケ谷市
館山市
香取市
鴨川市
埼玉県
さいたま市
中央区
北区
南区
大宮区
岩槻区
桜区
浦和区
緑区
見沼区
ふじみ野市
三郷市
上尾市
入間市
八潮市
加須市
北本市
吉川市
和光市
坂戸市
富士見市
川口市
川越市
幸手市
志木市
戸田市
所沢市
新座市
日高市
春日部市
朝霞市
本庄市
桶川市
深谷市
熊谷市
狭山市
白岡市
秩父市
草加市
蓮田市
蕨市
行田市
越谷市
飯能市
鴻巣市
鶴ヶ島市
東京都
三鷹市
世田谷区
中央区
中野区
北区
千代田区
台東区
品川区
墨田区
多摩市
大田区
小金井市
府中市
文京区
新宿区
杉並区
板橋区
武蔵野市
江戸川区
江東区
渋谷区
港区
狛江市
町田市
目黒区
稲城市
練馬区
荒川区
葛飾区
西東京市
調布市
豊島区
足立区
港南区
瀬谷区
神奈川県
三浦市
中区
中原区
伊勢原市
保土ヶ谷区
南区
南足柄市
厚木市
多摩区
大和市
宮前区
小田原市
川崎区
川崎市
平塚市
幸区
座間市
戸塚区
旭区
栄区
横浜市
横須賀市
泉区
海老名市
港北区
相模原市
中央区
南区
磯子区
神奈川区
秦野市
綾瀬市
緑区
茅ヶ崎市
藤沢市
西区
逗子市
都筑区
金沢区
鎌倉市
青葉区
高津区
鶴見区
麻生区
食から健康に

ブログカレンダー

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME