メニュー

GLP-1オンラインおすすめクリニック!ネットや通販で買う時のコツも紹介

[2024.04.22]

「GLP-1ダイエットはどんな人におすすめ?」

「GLP-1ダイエットにおすすめのクリニックはどこ?」

GLP-1ダイエットに挑戦するなら効果やクリニックも気になるところではないでしょうか。

GLP-1ダイエットは経口薬や注射で血糖値上昇を抑えるダイエット方法を指します。

クリニックによって料金システムやサポート内容が異なるため、利用の際はダイエットの仕組みはもちろんクリニック選びも慎重に行いましょう。

今回はGLP-1ダイエットのおすすめクリニックを紹介します。

GLP-1ダイエットがおすすめの人の特徴や利用する注意点についても解説するため、GLP-1ダイエットに興味がある方はぜひ参考にしてください。

この記事がおすすめの人

  • GLP-1ダイエットの効果が気になる人
  • GLP-1ダイエットのおすすめクリニックを知りたい人
  • GLP-1ダイエットを利用するコツが知りたい人
目次

GLP-1おすすめオンライン・ネット・通販4院!効果や料金から紹介

当記事では扱っているGLP-1作動薬の内容や料金オンライン診療が可能であるかをもとにクリニックを選出しました。

まずはおすすめのクリニック4院の特徴を表でご覧ください。

クリニック名 料金 特徴 処方内容 オンライン診療 診療時間 対面診療
DMMオンライン
クリニック1日169円から
治療始める
月々8,228円〜 ➀最短当日にGLP-1作動薬を受け取れる
➁いつでも解約OKで解約手数料も無料
リベルサス経口薬 平日 8:00〜22:00
土日祝 8:00〜21:00
なし
クリニックフォア 初診料0円から
治療始める
月々9,350円〜 3種類の用量別に経口薬を処方している リベルサス経口薬 平日 9:00〜21:00
土日祝 9:00〜18:00
全国10院
シロノ
クリニック
詳細はこちら
注射1本39,800円〜 1週間のトライアルプランから始められる GLP-1注射薬 9:00〜19:00 全国4院
ファイア
クリニック
詳細はこちら
初月11,000円〜
2か月目以降 月々18,000円〜
GLP-1作動薬の処方とダイエットコーチングを受けられる リベルサス経口薬
サクセンダ注射薬
10:00〜19:00 全国4院

以下からはGLP-1ダイエットにおすすめのクリニック4院についてさらに詳しく解説するので、クリニック選びにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

DMMオンラインクリニックは最短当日にGLP-1受容体作動薬を受け取れる

おすすめポイント

  • 最短当日にGLP-1作動薬の配送を行っている
  • いつでも解約OKで解約手数料も無料
  • 1日あたり169円~診療できる
料金プラン
リベルサス3mg 月々8,228円〜

DMMオンラインクリニックは最短当日の治療薬発送に対応しており、診察を受けた当日中に治療薬を受け取ることも可能です。

またいつでも解約可能で解約手数料も0円なので、気軽にGLP-1ダイエットが始めたい方におすすめです。

GLP-1ダイエットでは3種類の用量の経口薬リベルサスを処方しており、1日169円からGLP-1ダイエットを始められます。

経口薬は定期便プランも用意されているため、1ヶ月だけ服用したい方から長期的に服用したい方まで、多くの方が利用できるでしょう。

なおクリニックはオンライン専門で、土日祝日も診療に対応しています。

平日は診察を受けることが難しい方でも、都合の良いタイミングでGLP-1ダイエットを始められるクリニックだといえます。

初めてのGLP-1ダイエットの方におすすめのクリニックですので、初めての方は是非検討してみてください。

 

DMMオンラインクリニックの公式サイトへ

診察料 0円
オンライン診療
診療時間 平日 8:00〜22:00
土日祝 8:00〜21:00
休診日 なし
クリニック対応 なし
DMMオンラインクリニックのGLP-1について
GLP-1について 本診療科目に用いるリベルサスは、2型糖尿病の治療薬として国内で承認されています。
肥満治療目的での処方は国内で承認されていませんが、治験が検討されています。
万が一副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となる未承認医薬品です。
入手経路 提携クリニックで処方するリベルサスは国内医薬品販売代理店経由で購入
国内の承認医薬品などの有無 リベルサスと同成分(セマグルチド)の注射製剤が、肥満症の治療薬として国内で承認されています。
美容・ダイエット目的での使用については保険適応外の未承認医薬品となります。
諸外国における安全性等の情報 アメリカのFDAで2型糖尿病治療薬として承認されています。

クリニックフォアは用量別のGLP-1受容体作動薬を3種類用意している

おすすめポイント

  • 用量別に3種類の経口薬を用意している
  • 医師と相談しながら始められる
  • 治療薬の定期配送に対応している
料金プラン
リベルサス3mg 月々9,350円〜

クリニックフォアは経口薬リベルサスを3mg〜14mgの3種類の用量で取り扱っています。

ダイエットの目標や体質に合わせて合ったものを処方してもらえるため、医師と相談しながらGLP-1ダイエットを計画的に始められるでしょう。

治療薬の定期配送にも対応しているため、薬剤が切れたタイミングで追加購入手続きを行う必要もありません。

また週1回に自己注射を打つだけで始められるオゼンピックも処方しています。

ダイエットの経過をもとに注射と経口薬を切り替えながら利用することもできるため、注射と経口薬どちらにも興味がある方はぜひ相談してみてください。

クリニックフォアの
公式サイトへ

診察料 0円
オンライン診療
診療時間 平日 9:00〜21:00
土日祝 9:00〜18:00
休診日 なし
クリニック対応 全国10院
クリニックフォアのGLP-1について
GLP-1について GLP-1受容体作動薬およびSGLT2阻害薬は、2型糖尿病の治療薬として国内にて承認されていますが、肥満治療目的の処方については保険適応外の未承認医薬品となります。
入手経路 国内医薬品販売代理店から購入
国内の承認医薬品等の有無 国内で肥満症の効能・効果で承認されているものとしては、食欲抑制剤のサノレックスと医療用漢方の防風通聖散があります。
諸外国における安全性等の情報 GLP-1は日本では2型糖尿病治療薬として国内にて承認されています。
アメリカのFDA、EU27か国のEMA、韓国のMFDSにおいて、肥満症治療目的で承認をされています。

シロノクリニックは1週間分のトライアルプランから注射によるGLP-1ダイエットを始められる

おすすめポイント

  • 1週間のトライアルプランから始められる
  • 土日も診察に対応している
  • LINEからオンライン診察を受けられる
料金プラン
GLP-1注射1本 39,800円(ダイエット点滴2回分付き)

シロノクリニックは1週間分のトライアルプランからGLP-1注射を処方しています。

診察は休診日がなく、土日も対応しているため土日に診察を受けたい方にもおすすめです。

オンライン診察はLINEから受け付けており、公式アカウントを友だち登録すればトーク画面上から簡単に予約できます。

診察は1回3,300円必要なため、GLP-1ダイエットを利用するかよく検討したうえで相談しましょう。

なおメールでの問い合わせは無料で24時間受け付けているため、気になることはメール相談したうえで診察を受けるのも良いでしょう。

シロノクリニックの
公式サイトへ

診察料 3,300円 / 回
オンライン診療
診療時間 9:00〜19:00
休診日 なし
クリニック対応 全国4院
シロノクリニックのGLP-1について
GLP-1について GLP-1とは日本では糖尿病の治療として認められている薬です。
GLP-1ホルモン療法はEU加盟国28カ国、カナダ、アメリカで肥満症の成人補充療法、肥満症の適応で承認を取得しています。
2型糖尿病の治療薬として国内で承認されていますが、保険適応外の未承認医薬品となります。
入手経路 シロノクリニックで治療に用いている医薬品は、医師の判断の下に個人輸入手続きを行い購入
国内の承認医薬品等の有無 GLP-1とは日本では糖尿病の治療として認められている薬です。
諸外国における安全性等の情報 GLP-1ホルモン療法はアメリカのFDA(食品医薬品局)で安全性が保証され、さらには韓国の食品医薬品安全所で許可、欧州連合(EU)加盟28か国で承認されている肥満治療法です。

ファイアクリニックは飲み薬の処方と栄養指導を受けられる

おすすめポイント

  • 経口薬の処方と栄養指導の両方を受けられる
  • 治療薬の送料や血液検査料が掛からない
  • 開始後21日以内なら全額返金に対応してもらえる
料金プラン
サクセンダ1本 初回 17,800円
2回目以降 月々23,000円

ファイアクリニックは経口薬の処方と医師によるダイエット指導(コーチング)を受け付けており「ダイエットは何から始めて良いのかわからない」とお悩みの方にもおすすめです。

食事や運動など自分の生活週間をもとに、適切なアドバイスをもらえるため、ダイエットに行き詰まったらコーチングも併用しながら利用していくのも良いでしょう。

オンライン診療はZOOMのWEB会議を通して行われるため、別途ツールを登録したりインストールする必要はありません。

さらにオンライン診療では処方される薬剤の送料や血液検査料も別途掛からないため、処方に必要な料金総額を把握しやすいといえます。

なお投薬開始後21日以内であれば、全額返金にも対応してもらえるため、効果や副作用が気になる方もぜひ相談してみてください。

ファイアクリニックの
公式サイトへ

診察料 0円
オンライン診療
診療時間 10:00〜19:00
休診日 年末年始
クリニック対応 全国4院
ファイアクリニックのGLP-1について
GLP-1について リベルサスは国内で「2型糖尿病治療薬」として承認を得ていますが、当院における痩身治療においては目的外使用となるためいずれも保険適応外の未承認医薬品となります。
サクセンダは医薬品医療機器等法において国内の承認がありません。
入手経路 個人輸入にて購入
国内の承認医薬品等の有無 2型糖尿病の治療薬として国内で承認されていますが、美容・ダイエット目的での使用については保険適応外の未承認医薬品となります。
諸外国における安全性等の情報 アメリカのFDA、EU27か国のEMA、韓国のMFDSにおいて、肥満症治療目的で承認をされています。
※サクセンダはデンマーク現地時間2015年3月23日に承認されています。

GLP-1をオンライン・ネット・通販で選び時のコツを紹介

GLP-1ダイエットができるクリニックを選ぶ際は、以下3つのポイントを押さえることが大切です。

GLP-1ダイエットのクリニックの選び方

  • 無理のない予算で利用できるクリニックを選ぶ
  • オンライン診療など継続の負担がないクリニックを選ぶ
  • 治療についてすぐに医師に相談できるクリニックを選ぶ

GLP-1ダイエットは料金やオンライン診療の対応など、無理なく継続して利用できるクリニックで始めることが大切です。

また医師よるサポートが充実していれば、GLP-1についてすぐに相談できます。

万が一副作用が出た際もすぐに医師に対応してもらえるため、サポート内容についても注目してクリニックを選びましょう。

以下からは、GLP-1ダイエットができるクリニックの選び方について、さらに詳しく解説します。

無理のない予算で利用できるクリニックを選ぶ

GLP-1ダイエットは無理のない予算で利用できる医師による処方を受けましょう。

GLP-1ダイエットで処方される治療薬は、継続的に服用していく必要があります。

GLP-1ダイエットによる血糖値抑制はあくまでも服用期間中のみ期待できる効果で、服用をやめるとGLP-1による効果は徐々に薄れていきます。

そのためGLP-1ダイエットの利用方法によっては、長期的な処方が必要な場合もあるでしょう。

しかし経口薬や注射は1ヶ月あたりの投与量で料金が定められており、治療薬の種類によって月々8,000円〜35,000円と大きな料金差があります。

治療薬の処方のほかに、診察料や検査料が掛かる場合もあるため処方に伴う出費も確認しておくことが大切です。

長期的にGLP-1ダイエットを利用するのであれば、長期的な利用でも無理なく続けられる料金設定のクリニックで処方を受けましょう。

GLP-1ダイエットの利用継続の負担が少ないクリニックを選ぶ

GLP-1ダイエットを利用する際は、利用継続の負担が少ないクリニックを選びましょう。

クリニックによって治療薬の処方方法や継続手続きの手順は異なり、定期的な来院や治療薬の追加ごとに継続手続きが必要な場合もあります。

しかし通院や購入手続きは人によっては負担になってしまう場合もあるため、継続の負担が少ない利用方法のクリニックに注目してみてください。

継続の負担が少ないクリニックの特徴

  • 医師によるオンライン診療に対応している
  • 治療薬の郵送での処方に対応している
  • 料金が自動引き落としされる定期配送を利用できる

そのほか、継続の負担を軽減する工夫はクリニックにより異なります。

また利用方法やアクセスはもちろん、診療内容や医師への相談のしやすさを重視して選ぶのも選択肢の1つです。

GLP-1ダイエットを利用する際は、自分が不安や負担を感じることなく続けられる処方方法であるかどうかを重視して選んでください。

必要に応じてすぐに相談できるクリニックを選ぶ

GLP-1ダイエットを利用する際は、必要に応じてすぐに相談や問い合わせができるクリニックを選びましょう。

GLP-1ダイエットは食欲抑制などによるダイエット効果を期待できる一方で、効果を期待できなかったり副作用が出る場合もあります。

また注射の場合は、ペン型注射を使用して自分で注射を打つ必要もあるため、正しい投与方法を確認したうえで使用しなければいけません。

この過程で、不安なことやわからないことをすぐに医師に相談できる環境が整っていれば、疑問を残さずにGLP-1ダイエットを続けられます。

特に副作用をはじめ投与に関するトラブルは、放置すると重大な症状に繋がる恐れもあるため、クリニックと連携しながら利用していくことは重要です。

必要に合わせてすぐに医師やカウンセラーに相談できるクリニックを選んで、GLP-1ダイエットの成功を目指しましょう。

GLP-1ダイエットとは経口薬や注射で血糖値の上昇値を抑えるダイエット方法

GLP-1ダイエットとは経口薬や注射により血糖値を下げて、ダイエット効果を支えるクリニックでの診療内容です。

GLP-1は体内でも分泌されるホルモンで、インスリンの分泌を促進し血糖値を下げる効果を期待できます。

血糖値が下がれば食欲を抑制の効果に繋がるほか、脂肪の分解が促進効果も目指せます。

そのため治療薬等によりGLP-1の分泌量を増やせれば、食べ過ぎやダイエット中の空腹感を防いだり、脂肪の分解を助けて太りにくい体質を目指すことが可能です。

クリニックでのGLP-1ダイエットの特徴は以下の通りです。

GLP-1ダイエットの特徴

  • 経口薬と注射の2種類から利用できる
  • 利用後は2週間前後で効果を期待できる

GLP-1ダイエットでは、GLP-1受容体作動薬を経口薬または注射で処方して、GLP-1の分泌量を増やします。

利用後は2週間前後で効果を期待できるため、計画的に利用してダイエットを目指しましょう。

以下からはクリニックでのGLP-1ダイエットの効果や特徴について、さらに詳しく解説します。

参照:GLP-1 受容体作動薬(一般社団法人 日本腎臓学会)

参照:血糖値を下げる飲み薬の種類(国立国際医療研究センター)

GLP-1ダイエットは飲み薬と注射の2種類の治療方法が存在する

GLP-1ダイエットの治療内容には、飲み薬の処方と注射の2種類があります。

いずれの方法も治療におけるメカニズムは共通していますが、料金や利用方法に違いがあります。

経口薬と注射の違いについて、主な治療薬ごとにご覧ください。

  経口薬 注射
名称 リベルサス サクセンダ オゼンピック ビクトーザ
投与方法 1日1回服用する 1日1回注射を打つ 週1回注射を打つ 1日1回注射を打つ
効果を期待できる期間 2〜4週間 2〜3週間 2〜4週間 2〜5週間
料金相場 月々8,000円〜15,000円 月々15,000円〜30,000円 月々25,000円〜35,000円 月々25,000円〜35,000円
おすすめの人 自分で注射を打つことに不安がある人
手軽にGLP-1ダイエットを始めたい人
短期間でGLP-1ダイエットをしたい人
料金を抑えてGLP-1注射を利用したい人
治療の頻度が少ないことを重視したい人
副作用よりも効果を重視したい人
GLP-1の副作用が気になる人
糖尿病の治療を目的に利用したい人

多くのクリニックでは経口薬ではリベルサスが、注射ではサクセンダをはじめ3種類の治療薬の取り扱いがあります。

なおどの方法も治療薬や自分で投与できるペン型注射で処方されるため、オンラインでも利用できます。

いずれの治療薬にも特徴があるため、効果や料金はもちろんGLP-1ダイエットで自分が重視したいポイントをふまえて治療薬を選ぶことが大切です。

GLP-1ダイエットは開始して2週間前後でダイエット効果を期待できる

 

GLP-1ダイエットは投与を開始して2週間〜4週間程度で効果を期待できるダイエット方法です。

処方中の過ごし方については特に決まりはなく、用法用量を守って正しく治療薬を投与していれば、食事制限や運動は必要ありません

正しく投与すればインスリンの分泌を促進し、食欲抑制や脂肪分解の促進効果を期待できます。

利用する治療薬の種類によって、効果を期待できる期間が異なるため、ダイエットの計画に合わせて利用しましょう。

ただしGLP-1ダイエットを始めたからといって食事量を増やしたり運動量を減らしてしまっては、十分な効果を期待できない恐れがあります。

GLP-1ダイエットを始める際は、運動や食事制限での過度なダイエットは必要ないものの、太りやすい行動は控えながら利用することでより効果は期待できます。

GLP-1ダイエットの効果を高めるには適度な運動が必要

GLP-1ダイエットの効果を高めるには以下のポイントが必要です。

効果を高めるポイント

  • 適度な運動
  • 自分に合ったGLP-1飲み薬を選ぶ
  • セルライト対策を行う

GLP-1ダイエットの効果としてあくまで食欲抑制は期待できますが、人によっては食事制限で痩せない方もいるでしょう。

そういった方は有酸素運動も適度に行い運動の習慣をつけるのが効果的です。

ウォーキングやジョギングなどを行い、GLP-1ダイエットを並行して行うことで効果がより期待できます。

自分に合ったGLP-1薬を選ぶ

GLP-1ダイエットの効果をより高めるためには自分に合ったGLP-1薬の服用がおすすめです。

飲み薬はリベルサスの1種類ですが、注射薬は4種類ほどあるからです。

GLP-1注射薬

  • マンジャロ
  • オゼンピック、ウゴービ
  • ビクトーザ
  • サクセンダ

それぞれ投与できる量が異なるため、自分に合った注射約を選ぶ必要があります。

注射薬でGLP-1ダイエットを行いたい方は是非各種類の効果、使い方を知ったうえで投与しましょう。

参照:自由診療における糖尿病治療薬の不適切使用に対する見解(日本医師会)

GLP-1ダイエットをしながら食事の栄養バランスも考える

GLP-1ダイエットは食事制限の効果が期待できますが、食事制限によって栄養素が不足すると身体の不調に繋がります。

それだけでなく、肥満やその他病気の原因に繋がる原因にもなるため、GLP-1ダイエットの効果がその分感じにくくなります。

GLP-1ダイエットの効果で食事制限を行っても、栄養バランスの取れた食事をとるように心がけましょう。

GLP-1ダイエットがおすすめな人は短期間でダイエットしたい人

GLP-1ダイエットは、短期間でダイエットを成功させたい人におすすめです。

GLP-1ダイエットがおすすめの人

  • 短期間でダイエットを成功させたい人
  • 食事や運動ではなかなか体重が落ちない人

GLP-1ダイエットは投与から2週間ほどで効果を期待できます。

食事や運動でのダイエットと併用して利用すれば、短期間でダイエットを成功させることも目指せるでしょう。

またダイエットの効果には個人差があるため、食事制限や運動ではなかなか痩せない人にも、GLP-1ダイエットはおすすめです。

もちろんGLP-1ダイエットそのものにも効果には個人差があるため、慎重に利用方法を検討したうえで、ダイエットの成功を目指してください。

以下からはGLP-1ダイエットがおすすめの人の特徴についてさらに詳しく解説します。

短期間でダイエットを成功させたい人

GLP-1ダイエットは短期間でダイエットを成功させたい人に効果的です。

GLP-1ダイエットではGLP-1の分泌を促す投与薬により、血糖値上昇や食欲の抑制を目指します。

脂肪が生成されづらい状態を期待できるため、通常通りに過ごしているだけで問題ありません。

しかし無理のない範囲で食事管理や運動を取り入れれば、短期間でダイエットを成功させることも可能です。

特に短期間での効果を重視するのであれば、注射薬であるサクセンダがおすすめです。

サクセンダはGLP-1ダイエットの有効成分リラグルチドが配合された治療薬で、投与量の上限が高いため、2週間〜3週間程度で効果を期待できます。

ただし投与薬には相性があるため、効果はもちろん投与薬との相性についても医師の診察を踏まえて選びましょう。

短期間でダイエットを成功させたい方は、正しい用法用量を守ったうえでGLP-1を利用してみてください。

食事や運動でのダイエットではなかなか体重が落ちない人

GLP-1ダイエットは食事管理や運動をしてもなかなか体重が落ちなくてお悩みの方におすすめです。

ダイエットが成功するかどうかは、本人の体質や開始時の体重により変わります。

なかには正しく食事制限や運動を続けたとしても、想定通りに体重が落ちない場合もあるでしょう。

しかし通常のダイエットにGLP-1ダイエットを組み合わせれば、ダイエットを成功させられる可能性が高まります。

GLP-1薬剤を投与すれば、血糖値を下げるGLP-1ホルモンの分泌が促進され太りづらい体質を目指せるため、より効果的です。

食事や運動でのダイエットの効果を高める点でも効果を期待できるため、GLP-1ダイエットはダイエット方法に悩んでいたり、ダイエットの停滞期に入った人にもおすすめです。

GLP-1ダイエットの注意点は副作用や食べ過ぎを管理すること

GLP-1ダイエットに挑戦する際は、副作用や食べ過ぎに注意して利用することが大切です。

GLP-1ダイエットの注意点

  • 副作用の内容や対処法を把握しておく
  • 服用前よりも食べすぎないよう気を付ける
  • 妊娠中や肝機能障害がある人は服用しない

GLP-1ダイエットは太りにくい体質を目指せる一方で、副作用もあるため万が一副作用が出た際は正しく対処する必要があります。

太りにくい体質になっても、食事量が増えれば体重は計画通りに減らないため、食生活を管理しながら利用しましょう。

なおGLP-1受容体作動薬は服用できない条件もあるため、自分が服用できない条件に当てはまっていないか確認したうえで利用することも大切です。

以下からはGLP-1ダイエットを始めるなら知っておきたい注意点3つについて、さらに詳しく解説します。

また、GLP-1の副作用や危険性が不安な方は以下も是非参考にしてください。

飲み薬や注射で行うダイエットであるため副作用に悩まされる恐れがある

GLP-1ダイエットには副作用もあるため、副作用の症状や対処法について正しく把握したうえで利用しましょう。

GLP-1ダイエットの副作用

  • 便秘や吐き気、嘔吐
  • 悪寒や悪心
  • 倦怠感や体の怠さ
  • 胃痛

副作用はすべての利用者に現れるわけではありません。

また副作用が出ても一般的には1週間〜2週間程度で症状が落ち着く傾向にあるため、短期間で症状が落ち着いた場合は問題ありません。

しかし症状が重く日常生活に支障を来す場合や、2週間以上経っても症状が治まらない場合は、処方を受けたクリニックに相談しましょう。

医師に相談すれば、医師の診察のうえ治療や投与薬の変更に対応してもらえます。

自己判断で服用をやめたり、痛み止めを飲んでしまうと効果を期待できない恐れもあるため、医師と相談しながら対処することが大切です。

参照:美容医療を受ける前に確認(厚生労働省)

参照:GLP-1 受容体作動薬の分類と作用機序,使用上の注意点(J-STAGE)

利用前よりも食べすぎないよう食生活を管理する

GLP-1ダイエットを始めた際は、投与薬の服用前よりも食べすぎないよう注意しましょう。

GLP-1は食欲抑制などにより食べ過ぎを防ぐ効果がありますが、効果には個人差があります。

「太りづらい体質になったから」といって服用前よりも食べ過ぎてしまうと、ダイエットの効果は十分に期待できないため、食生活の管理は欠かせません。

そのためGLP-1ダイエットを始める際は、食生活の管理も徹底して進めましょう。

GLP-1ダイエット中の食事管理のポイント

  • 1日分のカロリー摂取量を把握して献立を検討する
  • 脂質や糖質は極力控えめにする
  • 食事はよく噛んで満腹中枢を刺激する
  • 夜間の食事や間食は極力控える

1日の摂取カロリーを把握することはもちろん、よく噛んで食べたり夜間の食事を控えるなど、食事の内容はもちろん摂り方でも工夫できます。

特にGLP-1受容体作動薬は、服用期間中のみ効果を期待できる治療薬であるため、服用をやめればリバウンドの恐れもあります。

そのためGLP-1ダイエットと並行して正しい食生活を習慣付けできれば、GLP-1受容体作動薬の服用をやめたあとも体重維持を目指せるでしょう。

妊娠中や肝機能障害などに該当する場合は飲み薬の服用を避ける

妊娠中や肝機能障害などの条件に当てはまる場合は、GLP-1ダイエットの利用は避けましょう。

GLP-1ダイエットを利用できない人の条件は以下の通りです。

GLP-1ダイエットができない人

  • 妊娠中や授乳中の人
  • 肝機能障害や胆嚢の基礎疾患がある人
  • 過去に腹部や胸部を開く手術をした人
  • 摂食障害がある人
  • 腸閉塞や多発性内分泌腫瘍症2型の既住がある人
  • 肥満の原因が内分泌疾患やステロイドである人

そのほか、GLP-1ダイエットにはやってはいけない条件が複数あるため、持病や病歴がある場合は医師の診察や検査を受けたうえで利用しましょう。

特に体重増加の原因が産後太りや内分泌疾患、ステロイドの場合は、GLP-1ダイエットは利用できないため、ほかのダイエット方法や治療方法を検討する必要があります。

GLP-1ダイエットを利用する際は、医師の診察のうえ自分が利用できるかどうか検討したうえで挑戦してください。

参照:GLP-1 受容体作動薬の適正使用に関して(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)

GLP-1をオンライン・ネット・通販で購入する際によくある質問

GLP-1ダイエットをする方のよくある質問や疑問と回答について紹介します。

よくある質問 回答
GLP-1ダイエットは痩せないって本当ですか? 正しく利用すれば効果を期待できる
オンラインのGLP-1ダイエットが安いのはなぜですか? 診察室や設備費が必要なく料金に還元できるため
GLP-1は痛みが強いですか? 注射は痛みを感じる場合がある
GLP-1ダイエットは保険適用で利用できますか? 基本的には保険適用で利用できない
GLP-1ダイエットをやめたらまた太りますか? リバウンドの恐れがある

GLP-1ダイエットは正しく用法用量を守って利用すれば効果を期待できます。

ただし基本的には保険適用では利用できないため、自由診療で利用したいクリニックを選びましょう。

以下からはGLP-1ダイエットに関するよくある質問の回答を、さらに詳しく解説します。

GLP-1ダイエットは痩せないって本当ですか?

GLP-1ダイエットは正しく用法用量を守って利用すれば効果を期待できます。

しかし以下の原因により、GLP-1ダイエットの効果を十分に期待できない恐れがあります。

GLP-1ダイエットで痩せない原因

  • 太らないからと食事量を増やしたため
  • 食事の栄養バランスに問題があったため
  • 全く運動や筋トレをしなかったため
  • 投薬の間隔や服用方法が間違っていたため

GLP-1ダイエットはあくまでも太りづらい体質作りを目指すものです。

過度な食事管理や運動をする必要はありませんが、投薬前と全く同じ生活習慣では効果はゆるやかである可能性があります。

そのためGLP-1ダイエットを始める際は、無理のない範囲で食生活や運動習慣に気を遣うことも効果的です。

また医師に指示された用法用量を守って利用することも重要なため、自己判断で治療薬を使わず、服用において疑問があれば医師に確認を取りましょう。

GLP-1ダイエットを行う際は、正しい生活習慣や用法用量を守ってダイエット計画を立てることで効果もより期待できます。

参照:痩身をうたうオンライン美容医療にご注意(独立行政法人 国民生活センター)

オンラインのGLP-1ダイエットが安いのはなぜですか?

オンライン処方のGLP-1ダイエットの料金が抑えられている理由として、以下が挙げられます。

オンライン処方のコストが抑えられている理由

  • 診察室など来院した利用者向けの設備が必要ないため
  • 受付での対応など人件費が抑えられるため
  • 自由診療でクリニック独自で料金を決められるため

オンライン処方の場合、診察室をはじめとした来院した利用者のための設備が必要ありません。

受付対応や予約管理もデジタル化でき、人件費を抑えられます

これにより運営に掛かるコストを削減でき、削減した分を治療料金に還元することが可能です。

さらにオンライン診療は全国どこからでも利用でき、WEBからすぐに探せるからこそ料金を比較しやすい側面もあります。

そのため多くの利用者が受診できるよう、料金を抑えて提供しているクリニックが多い傾向にあります。

ただしオンラインクリニックのなかには、サポート内容や処方される治療薬の種類が限られている場合もあるため、料金だけでなく診療内容も確認して選ぶことが重要です。

料金面を重視してGLP-1ダイエットができるクリニックを選ぶ際は、診察内容も確認したうえで探しましょう。

GLP-1ダイエットは注射による痛みが強いですか?

GLP-1ダイエットは注射薬を選択すれば、注射による痛みを感じる場合があります。

注射は自分で投与するペン型が処方されており、医療機関で使われる注射器よりも針が細く短いものが採用されています。

一般的な注射針の長さ/細さ

  • 採血用注射針:長さ20mm〜80mm/細さ0.4mm〜1.6mm
  • ペン型注射針:長さ4mm〜8mm/細さ0.18mm〜0.3mm

そのため注射の痛みは抑えられており、自分で注射を打ったことがない人でも利用できます。

しかし注射である以上痛みを感じる場合があるため、痛みに敏感な場合は負担を感じる場合もあるでしょう。

なおGLP-1ダイエットにおける注射の痛みが気になる場合は、経口薬のリベルサスを選択することが効果の面でもおすすめです。

経口薬であれば毎日飲むだけでGLP-1ダイエットを始められます。

GLP-1ダイエットにおける投与薬は毎日使用するものが中心のため、注射による痛みに不安がある方は、経口薬での利用を検討してみてください。

GLP-1ダイエットは保険適用で利用できますか?

GLP-1ダイエットは基本的には保険適用で利用できません

保険適用は生命維持や日常生活に支障を来す怪我や病気の治療のみ該当します。

ダイエットをはじめ容ぼうの変化を目的とした診療は適用されないため、GLP-1ダイエットは自由診療で利用する必要があります。

肥満治療でGLP-1ダイエットを行う場合はすべて保険適用外となるため、自由診療での利用を前提にクリニックを利用しましょう。

ただしGLP-1は、2型糖尿病の治療に限り保険適用で処方されます。

2型糖尿病と受診された場合に限り保険適用で利用できるため、糖尿病の疑いがある場合は、クリニックを受診したうえで保険適用での処方を検討してください。

GLP-1ダイエットをやめたらまた太りますか?

GLP-1受容体作動薬の投与をやめると、リバウンドの恐れがあります。

GLP-1ダイエットは薬剤の投与中に限り、GLP-1の分泌を促進する効果を期待できます。

服用をやめると薬剤による効果が徐々に薄れていくため、服用をやめたあとも同じ食生活や運動習慣のままでは、リバウンドしたりダイエット効果を期待しづらくなるでしょう。

そのためGLP-1ダイエットは服用中から食生活や運動習慣に気を遣い、太りづらい生活習慣を身に付けるほか、長期的な服用を検討するのも効果的です。

特に注射薬を使用したGLP-1ダイエットを始めた場合は、目標体重に達したら内服薬に変更して、リバウンド予防や服用の負担を減らすのも選択肢の1つです。

GLP-1ダイエットを始める際は、投与を終えるタイミングや投与後の生活習慣についても計画的に検討したうえで挑戦してみてください。

また、GLP-1は未承認医薬品であり、副作用についても報告されています。

主な副作用の例は、以下の通りです。

GLP-1(ビクトーザ)の副作用

  • 低血糖
  • 膵炎
  • 腸閉塞
  • 胆嚢炎
  • 胆管炎
  • 胆汁うっ滞性黄疸

副作用について十分留意したうえで、服用するようにしましょう。

HOME

ブログカテゴリー

AGA
お知らせ
ご案内
分類なし
医療脱毛
千葉市
中央区
稲毛区
緑区
美浜区
花見川区
若葉区
千葉県
いすみ市
佐倉市
八千代市
八街市
匝瑳市
南房総市
印西市
君津市
四街道市
富津市
富里市
市原市
市川市
成田市
我孫子市
旭市
木更津市
東金市
松戸市
柏市
流山市
浦安市
白井市
習志野市
船橋市
茂原市
袖ヶ浦市
野田市
銚子市
鎌ケ谷市
館山市
香取市
鴨川市
埼玉県
さいたま市
中央区
北区
南区
大宮区
岩槻区
桜区
浦和区
緑区
見沼区
ふじみ野市
三郷市
上尾市
入間市
八潮市
加須市
北本市
吉川市
和光市
坂戸市
富士見市
川口市
川越市
幸手市
志木市
戸田市
所沢市
新座市
日高市
春日部市
朝霞市
本庄市
桶川市
深谷市
熊谷市
狭山市
白岡市
秩父市
草加市
蓮田市
蕨市
行田市
越谷市
飯能市
鴻巣市
鶴ヶ島市
東京都
三鷹市
世田谷区
中央区
中野区
北区
千代田区
台東区
品川区
墨田区
多摩市
大田区
小金井市
府中市
文京区
新宿区
杉並区
板橋区
武蔵野市
江戸川区
江東区
渋谷区
港区
狛江市
町田市
目黒区
稲城市
練馬区
荒川区
葛飾区
西東京市
調布市
豊島区
足立区
港南区
瀬谷区
神奈川県
三浦市
中区
中原区
伊勢原市
保土ヶ谷区
南区
南足柄市
厚木市
多摩区
大和市
宮前区
小田原市
川崎区
川崎市
平塚市
幸区
座間市
戸塚区
旭区
栄区
横浜市
横須賀市
泉区
海老名市
港北区
相模原市
中央区
南区
磯子区
神奈川区
秦野市
綾瀬市
緑区
茅ヶ崎市
藤沢市
西区
逗子市
都筑区
金沢区
鎌倉市
青葉区
高津区
鶴見区
麻生区
食から健康に

ブログカレンダー

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME