メニュー

【シンガポール渡航に関する新型コロナ PCR 検査のご案内】

2020.10.17更新

まめクリニックグループ各院では、無症状の方々の海外渡航や帰省のための新型コロナPCR検査を行なっております。最近、お仕事などでの海外渡航に関するお問い合わせが多くなって参りました。国や地域によって必要な手続きは異なりますが、PCR検査の陰性証明を求める国々へのPCR検査や診断書の作成をまめクリニックの各院(九段下駅前まめクリニック・池袋東口まめクリニック・新橋駅前まめクリニック・湖西市鷲津まめクリニック)で行なっております。

 

※入国前に各国の措置が突然変更される可能性もありますので、検査前に最新の情報を在日の各国大使館や各国にあります日本大使館のホームページ、外務省海外安全ホームページなどでご自身でご確認ください。

 

 

<シンガポール入国に必要なもの・渡航条件>

  外務省HPによると、日本政府は『国際的な人の往来再開に向けた段階的な措置』の一貫として一般の国際的な往来とは別に、ビジネス上必要な人材等の出入国について例外的な枠を設置し、運用を開始する方針を固めました。

令和2年9月25日、日本国政府は、同年10月1日から、ビジネス上必要な人材等に加え、順次、留学、家族滞在等のその他の在留資格も対象とし、原則として全ての国・地域からの新規入国を許可することを決定しました(防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件とし、入国者数は限定的な範囲に留める)

(外務省HP『国際的な人の往来再開に向けた段階的な措置について』より一部抜粋)

(参考URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html

 

 シンガポールはこちらの取り組みを利用した渡航先に認定されており、9月18日より運用が開始されています。

渡航に際しての流れは下記のURLをご参照ください。

 

・在シンガポール日本国大使館 HP

 『ビジネス・トラック(短期出張目的)(日本からシンガポールへの渡航)(邦人渡航者)』

(参考URL: https://www.sg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/travel_jpsg.html

 

 

◎渡航に当たって医療機関での発行が必要なもの

渡航にあたって、医療機関での発行が必要なものは下記の通りです。

 

日本出国前 72 時間以内に発行された英文の RT-PCR 検査による新型コロナウイルス非感染証明書

 

 

 

上記は、経済産業省及び厚生労働省による審査を経て登録した「新型コロナウイルス検査証明医療機関」での陰性証明書の発行が必須となっており、

当院は「新型コロナウイルス検査証明機関名簿」に記載された医療機関です。

 

また、在シンガポール日本国大使館HPによると渡航に際して指定用紙があるようです。

詳しくは 日本を出国する際に必要な検査証明について をご確認ください。

 

<まめクリニックで発行可能なPCR検査陰性証明書>

まめクリニックグループでは、九段下駅前まめクリニック・池袋東口まめクリニック・新橋駅前まめクリニック・湖西市鷲津まめクリニックにおいて、シンガポール渡航予定の方のPCR検査及び陰性証明書の発行を行なっております。

 

<当院のPCR検査にかかる費用>

当院でPCR検査を受ける場合、検査代として35200円(税込)を頂いております。また英文診断書の作成に当たっては、別途3000円(税込)を頂いております。

※指定の診断書に記載希望の場合は、診断書料が5000円(税込)となります。

 

例)

・当院書式の陰性証明書を希望された場合(PCR検査代含む)⇒ 38200円(税込)

・指定用紙に結果の記載を希望された場合(PCR検査代含む)⇒ 40200円(税込)

 

 

<検査から診断書発行までにかかるお時間>

当院で海外渡航に向けたPCR検査を受けられた場合、受けていただいたお日にちお時間帯によって、下記のような対応となります。

◎平日、日曜、祝日の11:45までに検査を受けられた場合、最短で当日の17時以降に結果を確認することができます。(原則Eメール)

◎新橋駅前まめクリニックでは、平日、日曜・祝日に加えて、土曜の11:45までに検査を受けられた場合、最短で当日の17時以降に結果を確認することができます。(原則Eメール)

◎上記以外のお時間に検査を受けられた場合、原則として、翌日の午前中には結果を確認することができます。(原則Eメール)

◎診療時間内であれば、陰性証明書を受け取ることが可能です。

 

注意)検査を行って再検査に回った場合、結果のご連絡・診断書の発行に遅れが出る可能性がございます。再検査に回る確率は1~2%ではございますが、検査を希望される場合は再検査の可能性があることもご了承いただいた上でお越しください。

 

 

<受診までの流れ>

当院では来院される患者様にHPよりご予約をお取りいただいております。当グループHPより『診療の予約はこちらから』というタブをクリックし来院されるクリニックの予約をお取りください。診療予約後にWEB問診票のご案内がでて参ります。『自由診療問診票』という問診票のご回答も、事前にお願い致します。

その後、ご予約いただいたお日にち・お時間帯にご来院いただき、登録後にPCR検査へご案内いたします。

 

<受診日に持参するもの>

ご受診の際は、下記を忘れずにお持ちください。

・ご本人の「パスポート原本」または「顔写真ページのコピー」

・渡航先より指定された証明書

(特にご指定がない場合は、当院にて発行いたします)

 

<診断書のお渡しについて>

・診断書のお渡しに関してはご予約不要ですが、来院前にお電話いただけますとスムーズにご案内可能です。

・お渡しに関してはお渡し間違いを防ぐため、原則ご本人様のご来院をお願い致します。

・診断書は大切な個人情報であるため、原則郵送、PDFでの送付はおこなっておりません。

 

 

<お支払い方法>

当院では現金での支払いに加えて、各種クレジットカード決済、交通系電子マネーのほか、「LINE Pay」、「Pay Pay」、「楽天ペイ」、「ID」、「QUICPay」、「Apple Pay」などでの決済も可能です。詳しくはお会計時に事務スタッフまでお声がけください。

<予約可能枠> (予約可能枠が表示されています)

・九段下院の予約・問診はこちら

・池袋院の予約・問診はこちら

・新橋院の予約・問診はこちら

・湖西市鷲津院の予約・問診はこちら

※ 受付から会計までの時間は15~30分です。Webから予約・問診を行っていただくとご案内がスムーズです。

 

<費用>

新型コロナウイルスPCR検査:32,000円(税別)

診断書(日本語・英語):3,000円(1通)

※ 診察料はかかりません。クレジットカード・キャッシュレス対応です。

※ 診断書のお渡しは、間違いを防ぐため、窓口でお願いしております(郵送可:+1,000円)。

※ 企業への出張検査も可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

<問い合わせ先>

・九段下院(03-6256-9273):[email protected]

・池袋院(03-6915-2472):[email protected]

・新橋院(03-6205-8297):[email protected]

・湖西市鷲津院(053-489-8837):[email protected]

 

自費で新型コロナウイルスPCR検査を行う対象の方は?

・会社の同じフロアで陽性者が出た(自分は濃厚接触ではないと保健所から言われたが会社から検査を受けるように言われた)
・長期休暇に実家へ帰省しようと考えており、その前に陰性であることを確認をしたい
・海外渡航(出張・旅行)で必要となる(入国に際して陰性証明書を求められる国が増えています)
・国内での移動(出張・旅行)だが、長距離移動となるので検査をしたい
・接客業、営業職、建築業など、人と接する機会が多い方
・孫に会いに行くまえに検査したい/祖父母に会いに行く前に検査をしたい
・生まれたばかりの赤ちゃんに会いに行く前に検査したい

海外渡航する場合、入国時にPCR検査陰性証明書が必要な国は?

2020/7/4現在、台湾、インドネシア、マレーシア、アラブ首長国連邦などが該当します。また、今後、ハワイ州、EU各国なども必要となることを発表しています。その他の国々でも入国に際してPCR検査陰性証明書を求められる可能性があります。

最新の情報については、外務省の通知(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html) 及び渡航予定先の大使館などへお問い合わせください。状況は随時変動しており、ご自身での確認をお願いします。

PCR検査とは

PCR検査の感度(新型コロナウイルスに感染している人を調べた際に陽性が出る確率)は60~70%程度と言われています。

・検査のための採取検体した場所(鼻やのどなどのぬぐい液や唾液)にウイルスがいない
・ウイルスを見つけることができる量よりも少ない量のウイルスしか検体に含まれていない
こういった場合には、どんなに精度の高いPCR検査を行ったとしても陰性となります。

例えば、どんなにひどい症状があったとしても、鼻やのどにウイルスがいない場合、PCR検査は陰性となります。

当院では、簡便に検査ができて、精度が高いといわれている、唾液を用いたPCR検査を主に実施しております。

PCR検査と抗体検査の違いは?

発症してすぐに陽性になるのがPCR検査です。

PCR検査はウイルスの遺伝子の一部を測定しますので、発症してウイルスが増えている状態で検査を行えば陽性となります。

下の図が、新型コロナウィルスの発症からの日数とそれぞれの検査の陽性率の推移を見ているものになりますが、発症から3週間はPCR検査が陽性になりやすく、発症から3週間目以降は抗体(IgM/IgG)が陽性になるといわれています。

つまり、発症してからしばらくの間の新型コロナウィルス感染症の診断には、PCR検査が向いており、新型コロナウィルスに感染していたことを後から知るためには抗体検査が適しているということになります。

発症からの日数とPCR検査、抗体検査、ウイルス分離の陽性率(doi:10.1001/jama.2020.8259より)
発症からの日数とPCR検査、抗体検査、ウイルス分離の陽性率(https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2765837より)

 

東京都千代田区九段下、豊島区池袋、静岡県湖西市鷲津で内科・総合診療・性感染症外来をお探しなら九段下駅前まめクリニック、池袋東口まめクリニック、湖西市鷲津まめクリニック、東京都港区新橋で性感染症外来をお探しなら新橋駅前まめクリニックにご相談ください。当院グループは、平日夜間・土曜・日曜・祝日に、内科、循環器科、呼吸器科、消化器科、糖尿病内科、泌尿器科、性感染症科、アレルギー科、神経内科、皮膚科、小児科の診療をおこなっています。新宿区、中央区、江東区、目黒区、世田谷区、文京区、渋谷区、台東区、足立区、墨田区、江戸川区、練馬区、北区、中野区、板橋区、大田区、三鷹市など東京メトロ東西線・半蔵門線・副都心線、JR山手線、埼京線、西武池袋線、東武東上線、都営新宿線沿線の神奈川県、千葉県、埼玉県在住の方にもご利用いただいております。静岡県湖西市、浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、静岡市、愛知県豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原市在住の方にもご利用いただいております。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME