乳酸菌サプリのおすすめランキング15選!期待できる効果・コスパ・飲みやすさを比較

乳酸菌サプリのおすすめランキング15選!期待できる効果・コスパ・飲みやすさを比較

「最近おなかの調子が良くない…」といったお悩みはありませんか?

乳酸菌を摂取することで、腸内で悪玉菌の繁殖を抑え、腸内環境を整えることができます。

乳酸菌サプリを飲むと乳酸菌を効率よく摂取することができ、おなかの調子を整える作用や免疫力を維持するなど体に嬉しい効果が期待できるのです。

しかし様々なメーカーが乳酸菌サプリを開発しているので、「一体どれが良いの?」「自分に合った乳酸菌サプリを選びたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

乳酸菌サプリを選ぶときは、「乳酸菌の種類機能性表示食品かどうか・コスパが悪くないか・飲みやすい形状か」を確認してから購入を検討しましょう。

今回はおすすめの乳酸菌サプリを15種類ピックアップしました。

効果的な飲み方や飲む際の注意点も説明しているので是非読んでください。

  • 自分に合った乳酸菌サプリの選び方が知りたい
  • おすすめの乳酸菌サプリが知りたい
  • 乳酸菌サプリの効果的な飲み方が知りたい
目次

乳酸菌サプリを選ぶ際のポイントは目的にあっているかどうか

乳酸菌サプリを選ぶ際のポイントは目的にあっているかどうか
乳酸菌サプリを選ぶ際に1番重要なポイントは、自分の目的にあっているかどうかです。

乳酸菌にはたくさんの効果があることを先ほど説明しました。

しかし、乳酸菌の種類によって得られる効果が変わってきます。

乳酸菌は大きく分けて「生菌」と「死菌」の2種類があり、それぞれに違った効果があります。

以下に「生菌」と「死菌」の違いについてまとめました。

名称 プロバイオティクス バイオジェニックス
分類 生菌 死菌
効果 ・おなかの調子を整える作用
・お通じを改善する
・美肌効果
・免疫機能の維持
特徴 熱や胃酸に弱いので、生きたまま腸に届くのは難しい
・生菌でないと得られない効果もある
熱や胃酸の影響を受けにくい
・菌によっては、生きている時よりも効果が高くなる種類ある

生菌はプロバイオティクスとも呼ばれており、生きたまま腸に届く乳酸菌です。

一方死菌はバイオジェニックスとも呼ばれ、すでに死んだ菌ですが生きている菌より高い効果が得られる種類もあります。

それぞれの詳しい効果についてはこれから詳しく解説していきます。

また、菌の種類以外にも「機能性表示食品かどうかコスパが良いか飲みやすい形状か」も大事なポイントです。

是非、乳酸菌サプリを選ぶ際の参考にしてみてください。

おなかの調子を整える作用を求めるなら生菌を選ぶ

おなかの調子を整える作用を求めるなら生菌を選ぶ
乳酸菌サプリを飲む上でおなかの調子を整える作用を求めるのであれば、生菌が含まれた乳酸菌サプリを選ぶことをおすすめします。

生菌は生きている菌ですので、腸内に届けば人体に有益な働きをしてくれます。

生菌によって腸内フローラが整うことで、以下のような効果も得ることができます。

  • 腸内フローラを整える
  • お通じの改善
  • 美肌効果

生菌は熱や胃酸に弱いので、生きたまま腸に届けるのが難しくもあります。

生菌を配合した乳酸菌サプリは「スルーモイスト・ビフィパック・ヘルスエイド® ビフィーナ®S・フジッコ善玉菌のチカラEX」などがあります。

おなかの調子を整える作用のために生菌を摂取したいという方はこれらの4つの中から選んでみるのも良いでしょう。

スルーモイストのロゴ ビフィーナのロゴ
乳酸菌サプリ スルーモイスト ヘルスエイド®
ビフィーナ®S
価格 1,980円(税込)* 3,856円(税込)
乳酸菌の種類 植物性乳酸菌K-1 ビフィズス菌
ガセリ菌
特徴 お通じ改善お肌の潤いを維持できる 25年連続売上No.1
詳細 ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら

*初回限定価格
*¹出典:富士経済「H・B フーズマーケティング便覧 1998~2022」機能志向食品編整腸効果ビフィズス菌 メーカーシェア(1996~2020年実績) ビフィーナ®シリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)

免疫機能を維持したいなら死菌を選ぶ

免疫機能を維持したいなら死菌を選ぶ
乳酸菌サプリに、免疫機能を維持することを求めるのであれば、死菌が含まれた乳酸菌サプリを選ぶと良いでしょう。

ひと昔前は、乳酸菌は生きたまま腸に届かないと効果がないと言われていましたが、近年の研究で乳酸菌は死菌でも効果があることが分かっています。

死菌によって得られる効果は以下のとおりです。

  • 免疫機能の維持

死菌は生菌と違ってすでに死んでいる菌なので、生きたまま腸に届けようと気を遣う必要はありません。

死菌を配合した乳酸菌サプリには「FANCL免疫サポート・キリンiMUSE免疫ケアサプリメント」などがあります。

免疫機能を維持させたい方はこれらの2つから選んでみるのがおすすめです。

FANCL KIRIN
乳酸菌サプリ FANCL
免疫サポート
キリン iMUSE
免疫ケアサプリメント
価格 1,512円(税込) 1,980円(税込)
乳酸菌の種類 プラズマ乳酸菌 プラズマ乳酸菌
特徴 チュアブルタイプと粒タイプの2種類がある お試し購入なら1袋500円
詳細 ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら

機能性表示食品だと科学的根拠に基づいた機能性が期待出来る

 機能性表示食品だと科学的根拠に基づいた機能性が期待出来る
乳酸菌サプリを選ぶ上で菌の種類の他に大切なのが、「機能性表示食品かどうか」ということです。

機能性表示食品とは、その食品を食べることで得られる効果を科学的根拠に基づき消費者庁に届けられた食品のことをさします。

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。

販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。

ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

引用:「機能性表示食品」って何?

機能性表示食品の表示がある乳酸菌サプリは、消費者庁に届け出を出しているということですので表示がない食品よりも信頼できると言えます。

しかし、機能性表示食品の表示がないからといって、効果がないサプリメントというわけではありません。

機能性表示食品の表示の有無は、あくまでも基準の1つとして考えましょう。

継続して飲めるようにコスパが良いものを選ぶ

継続して飲めるようにコスパが良いものを選ぶ
また、乳酸菌サプリを選ぶコツとして、「コスパが良いものを選ぶ」ということが挙げられます。

乳酸菌は、摂取しても腸に留まることができずに排出されてしまいます。

体外に排出されてしまうと効果はなくなってしまうので、乳酸菌は継続して摂取することが必要です。

高額なサプリは高級感があり効果が高く効きそうな感じがしますが、料金の高さを負担に感じてしまうと、継続するのが難しくなります。

乳酸菌サプリは継続して飲めなければ意味がないので、高すぎない乳酸菌サプリを選びましょう

乳酸菌サプリの相場は30日分で1,980円程で、1日あたり66円以下だとコスパが良い乳酸菌サプリだと言えます。

似たような乳酸菌サプリばかりで乳酸菌の種類もよく分からないけどとりあえず始めてみたいという方は、コスパを重視して選ぶのも良いでしょう。

免疫サポートのロゴ
乳酸菌サプリ FANCL
免疫サポート
価格
(1日あたり)
1,512円(税込)*
(50.4円/日)
乳酸菌の種類 プラズマ乳酸菌
特徴 チュアブルタイプと粒タイプの2種類がある
詳細 ▼詳細はこちら

*初回限定価格

粉末や錠剤・ゼリー状など飲みやすい形状かどうか

粉末や錠剤・ゼリー状など飲みやすい形状かどうか
最後に、乳酸菌サプリを選ぶ上で「飲みやすい形状かどうか」もチェックしておきましょう。

乳酸菌サプリには粉末タイプ・錠剤タイプ・ゼリータイプなど様々な形状が存在します。

気になったサプリが自分の苦手な形状ではないかどうかは必ず確認してから購入してください。

コスパについての項目でも述べましたが、乳酸菌サプリは継続しなければ意味がありません。

自分が苦手で飲みにくい形状のサプリだと、毎日の摂取を億劫に感じてしまい、続けるのが苦痛になってしまいます。

水に溶かして飲むことができたりゼリータイプでするんと飲むことができるサプリもありますので、錠剤や粉末のまま飲むのが苦手だという方は下記の乳酸菌サプリも検討してみてください。

イージーファイバー乳酸菌プレミアムのロゴ
乳酸菌サプリ 小林製薬
イージーファイバー乳酸菌プレミアム
価格 オープン価格
乳酸菌の種類 ビフィズス菌
特徴 好きな飲み物や料理に混ぜて食べられる
詳細 ▼詳細はこちら

乳酸菌サプリおすすめランキング15選!機能性表示食品の中から乳酸菌の種類とコスパを徹底比較!

乳酸菌サプリのおすすめランキング15選
今回は乳酸菌の種類や1日あたりの料金、乳酸菌以外の栄養素といった項目をチェックし、おすすめの乳酸菌サプリ15種類選び紹介します。

紹介する乳酸菌サプリは、全て科学的根拠に基づいた機能性を表示することのできる機能性表示食品です。

機能性表示食品は具体的な健康増進の機能が表示されているため、自分の目的に合った商品の選択がしやすいことが特徴です。

配合されている乳酸菌によって、機能や特性は異なるため、目的に応じて必要な要素が配合された乳酸菌サプリを選びましょう。

乳酸菌以外にもビタミンや食物繊維が配合されているサプリメントもあるため、普段摂取量が足りていないと感じる成分がある場合は、他の栄養素も摂取できるサプリメントがおすすめです。

商品名 スルーモイスト 医師監修ドクター
マリー乳酸菌K-1
ラクトリズム 届くビフィズスEX FANCL免疫サポート キリンiMUSE イージーファイバー
乳酸菌プレミアム
快眠タイム みやびの植物発酵100 ディアナチュラ乳酸菌
CP2305
ビフィーナS ラクティア ビフィパック ラクトフェリン
乳酸菌PLUS
善玉菌のチカラEX
乳酸菌の
種類
植物性乳酸菌K-1(L.casei 327) 植物性乳酸菌K-1(L.casei 327) 植物性乳酸菌 K-1(L. casei 327) ビフィズス菌BB536 プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma) プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma) 有胞子性乳酸菌 - 有胞子性乳酸菌(Bacillus coagulans SANK70258) ガセリ菌CP2305株(L. gasseri CP2305) ビフィズス菌(ロンガム種BB536) 植物性乳酸菌K-1(L.casei327) ・>ビフィズス菌(ロンガム種 JBL01)
・乳酸菌(アシドフィルス菌、ガセリ菌)
植物性乳酸菌K-1(L. casei 327) ・クレモリス菌FC株(L.lactis subsp. cremoris FC)
・ビフィズス菌BB536
価格/内容量 初回1,980円/約1ヶ月分 初回2,106円/約1ヶ月分 2,960円~/約1ヶ月分 1,890円/約1ヶ月分 ・チュアブルタイプ:2,520円/約1ヶ月
・粒タイプ:2,100円/約1ヶ月分
1,980円/約15日分 1080円~/約15~30日分 初回1,890円/1ヶ月分 初回1,805円/約1ヶ月分 1,944円/約1ヶ月分 3,856円/30日分 1,980円/約1ヶ月分 3,780円/約1ヶ月分 7,419円/1ヶ月分 4,700円/1ヶ月分
1日当たりの
料金
66円 約70円 約96円 63円 ・チュアブルタイプ:84円
・>粒タイプ:70円
132円 約36円~ 約61円~ 約60円~ 約65円 約129円 66円 126円 239円 約152円
サプリの形状 タブレットタイプ タブレットタイプ タブレットタイプ カプセルタイプ ・チュアブルタイプ
・粒タイプ
タブレットタイプ 粉末タイプ タブレットタイプ カプセルタイプ タブレットタイプ 粉末タイプ タブレットタイプ 粉末タイプ タブレットタイプ カプセルタイプ
詳細 ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら

スルーモイストはお通じ改善&お肌の潤いを維持できる

  • お通じ改善とお肌の潤いを維持できる
  • 1日2粒で簡単に摂取可能
  • サポートサプリのイヌリンも付属

スルーモイストには植物性乳酸菌K-1が含まれており、乳酸菌K-1にはお通じ改善お肌の潤いを維持する機能が報告されています。

植物性乳酸菌はお米に付着している乳酸菌で、日本では昔から植物由来の乳酸菌を使用した味噌や納豆など、日本人になじみのある食材に使用されています。

スルーモイストの植物性乳酸菌K-1は、1日当たり1000億個分も配合されており、1日2粒で簡単に摂取できることが特徴です。

そしてサポートサプリの水溶性食物繊維イヌリンもスルーモイストとセットで購入が可能です。

イヌリンには水溶性食物繊維が含まれており、味を損なわず食べ物や飲み物に混ぜて摂取することができます。

スルーモイストで乳酸菌サプリを始める
商品名 スルーモイスト
乳酸菌の種類 植物性乳酸菌K-1(L.casei 327)
価格/内容量 初回1,980円/約1ヶ月分
(通常4,760円)
1日当たりの料金 66円
サプリの形状 タブレットタイプ
スルーモイストの全成分
【スルーモイスト】ブドウ糖(国内製造)、植物性乳酸菌(死菌)末、(植物性乳酸菌、デキストリン)、デンプン/ ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、HPC

医師監修ドクターマリー乳酸菌K-1は日本人に馴染みのあるお米由来の乳酸菌

  • 乳酸菌K-1は日本人に馴染みのあるお米由来の乳酸菌
  • 2粒で植物性乳酸菌K-1が1,000億個
  • 肌の潤い維持やお通じ改善の機能

医師監修ドクターマリー乳酸菌K-1には、名前の通り植物性乳酸菌K-1という、日本人になじみのあるお米由来の乳酸菌が含まれている機能性表示食品です。

そして1日の摂取量である2粒には、植物性乳酸菌K-1が1,000億個もたっぷり含まれています。

植物性乳酸菌K-1には、肌の潤いを維持する機能お通じを改善する機能があり、お通じが気になる人や肌の調子が気になる人のサポートにおすすめです。

医師監修ドクターマリー乳酸菌K-1は品質にもこだわっており、医薬品レベルの厳しい製造管理基準を満たしている国内GMP認定工場で、製品を製造しています。

初回購入なら2,106円で購入ができ、2回目以降は2,268円で継続的に利用することも可能です。

医師監修ドクターマリー乳酸菌K-1で乳酸菌サプリを始める
商品名 医師監修ドクターマリー乳酸菌K-1
乳酸菌の種類 植物性乳酸菌K-1(L.casei 327)
価格/内容量 2,106円(初回)/約1ヶ月分
1日当たりの料金 約70円
サプリの形状 タブレットタイプ
医師監修ドクターマリー乳酸菌K-1の全成分
ブドウ糖(国内製造)、植物性乳酸菌(殺菌)末(植物性乳酸菌、デキストリン)、デンプン / ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、HPC

ラクトリズムはGMP認定の国内工場で製造

  • GMP認定の国内工場で製造
  • 香料や着色料・保存料は無添加
  • 1日1粒で飲みやすい

ラクトリズムは厳しい製造管理基準を満たした国内GMP認定工場で、徹底した品質管理のもと製造されています。

その他には香料や着色料・保存料は無添加で、残留農薬検査・食品細菌検査※といった複数の検査も実施されています。

そしてラクトリズムに含まれる植物性乳酸菌K-1には、お腹の調子を整えお通じを改善する機能があると報告されており、お腹の調子が気になっている人にはおすすめです。

1日の摂取目安量である1粒には、500億個の植物性乳酸菌K-1が含まれています。

1日1粒でよく小さいタブレット状なため、タブレットやサプリメントを飲むことが苦手な人でも、摂取がしやすいことがポイントです。

※全ての方に安全というわけではありません。

ラクトリズムで乳酸菌サプリを始める
商品名 ラクトリズム
乳酸菌の種類 植物性乳酸菌 K-1(L. casei 327)
価格/内容量 2,960円~/約1ヶ月分
1日当たりの料金 約96円
サプリの形状 タブレットタイプ
ラクトリズムの全成分
還元麦芽糖(国内製造)、植物性乳酸菌(殺菌)末(植物性乳酸菌、デキストリン)/結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素

届くビフィズスEXは胃酸や胆汁酸による影響を抑える耐酸性カプセルを採用

  • 耐酸性カプセルを採用
  • 生きたビフィズス菌BB536を配合
  • 便通の改善や腸の調子を整える

届くビフィズスEXは胃酸や胆汁酸に弱い乳酸菌のことを考え、影響を抑えるために耐酸性のあるカプセルを採用していることが特徴です。

そして届くビフィズスEXには生きたビフィズス菌BB536が1粒に200億個含まれており、耐酸性のあるカプセルと併用することで、腸まで乳酸菌が届きます。

またビフィズス菌BB536には腸内フローラを良好にすることで、便通を改善し腸の調子を整える機能があると報告されています。

価格は約1ヶ月分で1,890円と継続しやすい価格で、1日1粒の摂取でよいことも魅力です。

ネット通販だけでなくドラッグストアでも購入ができるため、便通や腸の調子が気になった時に、いつでも乳酸菌の摂取が始められます。

届くビフィズスEXで乳酸菌サプリを始める
商品名 届くビフィズスEX
乳酸菌の種類 ビフィズス菌BB536
価格/内容量 1,890円/約1ヶ月分
1日当たりの料金 63円
サプリの形状 カプセルタイプ
届くビフィズスEXの全成分
ビフィズス菌末(澱粉、ビフィズス菌(生菌))(乳成分を含む、国内製造)/セルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、微粒二酸化ケイ素、イカスミ色素

FANCL免疫サポートはチュアブルタイプと粒タイプの2種類がある

  • チュアブルタイプと粒タイプの2種類
  • プラズマ乳酸菌を1,000億個配合
  • ビタミンDやビタミンCを配合

FANCL免疫サポートには噛んで食べるチュアブルタイプと、水で飲む粒タイプの2種類から選べます。

チュアブルタイプは噛んで食べるタイプなため、レモンヨーグルト風味が付いており、1日2粒の摂取が目安です。

そして粒タイプは1日1粒の摂取で良いため、摂取のしやすいタイプを選べることが魅力です。

FANCL免疫サポートには、健康な人の免疫機能の維持に役立つ機能のあるプラズマ乳酸菌が含まれており、1日分の摂取量で1,000億個のプラズマ乳酸菌が摂取できます。

またどちらのタイプにも、1日の摂取目安量であるビタミンD・ビタミンC・ビタミンB2を配合していることもポイントです。

FANCL免疫サポートで乳酸菌サプリを始める
商品名 FANCL免疫サポート
(チュアブルタイプ・粒タイプ)
乳酸菌の種類 プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma)
価格/内容量 ・チュアブルタイプ:2,520円/約1ヶ月
・粒タイプ:2,100円/約1ヶ月分
1日当たりの料金 ・チュアブルタイプ:84円
・粒タイプ:70円
サプリの形状 ・チュアブルタイプ
・粒タイプ
FANCL免疫サポートの全成分
【チュアブルタイプ】エリスリトール、還元水飴、乳酸菌殺菌末、緑茶エキス、重曹、ビタミンC、セルロース、酸味料、ヒドロキシプロピルセルロース、香料、ステアリン酸マグネシウム、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンD
【粒タイプ】乳酸菌殺菌末、還元麦芽糖、寒天、酸化防止剤(ビタミンC)、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンD

キリン iMUSEは免疫機能の維持をサポート

  • 免疫機能の維持をサポート
  • プラズマ乳酸菌を1,000億個配合
  • お試しなら1袋500円で購入が可能

キリンのiMUSE免疫ケアサプリメントに含まれるプラズマ乳酸菌には、健康な人の免疫機能の維持をサポートする機能があると報告されています。

そしてプラズマ乳酸菌は1日の摂取量である4粒に、1,000億個配合されているため、体調管理の一環として乳酸菌を摂取したいといった人におすすめです。

キリンは毎日飲みやすく続けやすいことを考えて、免疫ケアサプリメント以外にも、乳酸菌を配合したiMUSEシリーズを複数販売しています。

iMUSE免疫ケアサプリメントはネット通販ならお試し購入が可能で、1袋500円で購入が可能です。

通常販売や定期購入コースもあり、定期購入の場合は送料が不要なため、乳酸菌の摂取を継続したい場合には便利でおすすめです。

iMUSE免疫ケアサプリメントで乳酸菌サプリを始める
商品名 iMUSE免疫ケアサプリメント
乳酸菌の種類 プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma)
価格/内容量 1,980円/約15日分
1日当たりの料金 132円
サプリの形状 タブレットタイプ
iMUSE免疫ケアサプリメントの全成分
イソマルトオリゴ糖、マルトース、乳酸菌殺菌乾燥粉末/セルロース、ステアリン酸カルシウム

イージーファイバー乳酸菌プレミアムは好きな飲み物や料理に混ぜられる

  • 好きな飲み物や料理に混ぜられる
  • 3つの機能性関与成分を配合
  • 使い切りタイプで持ち運びが便利

イージーファイバー乳酸菌プレミアムは、コーヒーや紅茶といった、好きな飲み物や料理に混ぜて摂取できることが特徴です。

ほぼ無味無臭なため、粒状のサプリメントが苦手な人や、味が気になる人にはおすすめです。

そして難消化性デキストリン(食物繊維)と、生きて腸まで届く有胞子性乳酸菌・フラクトオリゴ糖という3つの機能性関与成分を配合しています。

この3つの機能性関与成分には、腸内フローラのビフィズス菌率を増やし、腸内環境の改善やお通じを改善する機能があると報告されています。

イージーファイバー乳酸菌プレミアムは1パックずつ使い切りタイプなため、持ち運びが便利で自宅や外出先でも簡単に摂取が可能です。

イージーファイバー乳酸菌プレミアムで乳酸菌サプリを始める
商品名 イージーファイバー乳酸菌プレミアム
乳酸菌の種類 有胞子性乳酸菌
価格/内容量 1080円~/約15~30日分
1日当たりの料金 約36円~
サプリの形状 粉末タイプ
イージーファイバー乳酸菌プレミアムの全成分
難消化性デキストリン(韓国製造)、フラクトオリゴ糖、有胞子性乳酸菌粉末(乳糖、有胞子性乳酸菌)

快眠タイムは睡眠の質を改善できる

  • 睡眠の質を改善する機能性関与成分配合
  • ビタミンB6やビタミンB12も配合
  • 1日1粒で飲みやすい

快眠タイムには睡眠の質を改善する機能性関与成分である、サフラン由来クロシンとサフラン由来サフラナールが含まれています。

サフラン由来サフラナールは、睡眠の質が低いと感じている人の睡眠の質を改善する機能があると報告されている成分です。

そしてその他にも、GABAやL-トリプトファン(アミノ酸)・ビタミンB6・ビタミンB12といった、複数の成分を配合しています。

乳酸菌は1粒にヨーグルト3倍分の300億個含まれており、睡眠の質が低いと感じている方の睡眠の質を改善する効果が期待できます。

1袋に31粒分入っており、摂取量は1日1粒で良いため、毎日継続して摂取がしやすいことも魅力です。

快眠タイムで乳酸菌サプリを始める
商品名 快眠タイム
乳酸菌の種類 -
価格/内容量 初回1,890円/1ヶ月分
(通常3,780円)
1日当たりの料金 約61円~
サプリの形状 タブレットタイプ
快眠タイムの全成分
GABA(中国製造)、サフラン抽出物、乳酸菌(殺菌)、還元麦芽糖水飴/L-トリプトファン、HPC、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、加工デンプン、ビタミンB6、ビタミンB12

みやびの植物発酵100は便通改善に特化

  • 便通改善に特化した乳酸菌や栄養素を配合
  • 有機野菜を中心に100種類の素材を使用
  • フリーズドライ製法で製造

みやびの植物発酵100は、便通を改善する機能があると報告されている有胞子性乳酸菌の他に、さまざまな栄養素を配合していることが特徴です。

有機野菜を中心に100種類の素材を使用して、水を使わず自然発酵で2年熟成させて作られています。

みやびの植物発酵100では生きた酵素や栄養素を守るために、熱を加えないフリーズドライ製法にこだわって製造しています。

ローヤルゼリーやミネラルの他に、アミノ酸を含む黒酢も配合されており、乳酸菌と酵素で毎日の健康をサポートしてくれることがポイントです。

1日約60円程度で乳酸菌と酵素が摂取できるため、便通の改善や毎日の健康を考えている人にはおすすめです。

みやびの植物発酵100で乳酸菌サプリを始める
商品名 みやびの植物発酵100
乳酸菌の種類 有胞子性乳酸菌(Bacillus coagulans SANK70258)
価格/内容量 初回1,805円/約1ヶ月分
(通常2,006円)
1日当たりの料金 約60円~
サプリの形状 カプセルタイプ
みやびの植物発酵100の全成分
植物発酵エキスパウダー(黒糖、キャベツ、大根、その他)、食物繊維(難消化性デキストリン)、亜鉛含有酵母、フラクトオリゴ糖、有胞子性乳酸菌末、小麦発酵エキス、ローヤルゼリーペプチド末、銅含有酵母、乳酸菌末(殺菌)、黒酢粉末、黒酢もろみ末、ビフィズス菌/結晶セルロース、ゼラチン、ショ糖脂肪酸エステル

ディアナチュラ乳酸菌CP2305は薬局でも手軽に買える

  • 薬局で手軽に買える
  • 精神的ストレスを和らげて睡眠の質を高める
  • 腸内環境の改善に役立つ機能もある

ディアナチュラ乳酸菌CP2305はネット通販だけでなく、薬局でも手軽に購入ができる機能性表示食品です。

ストックを置いておきたい人や家族で利用したい人は、ネット通販の場合ならセットでの購入ができるためおすすめです。

ディアナチュラ乳酸菌CP2305には、精神的ストレスを和らげて睡眠の質を高めることが報告されている、ガセリ菌CP2305株が含まれています。

そしてガセリ菌CP2305株には腸内環境の改善に役立つ機能も報告されており、1日2粒で毎日の健康をサポートが可能です。

1日分だと約65円程度で100億個の乳酸菌の摂取ができ、1日2粒で良いため継続がしやすいことも特徴です。

ディアナチュラ乳酸菌CP2305で乳酸菌サプリを始める
商品名 ディアナチュラ乳酸菌CP2305
乳酸菌の種類 ガセリ菌CP2305株(L. gasseri CP2305)
価格/内容量 1,944円/約1ヶ月分
1日当たりの料金 約65円
サプリの形状 タブレットタイプ
ディアナチュラ乳酸菌CP2305の全成分
還元パラチノース(国内製造)、デンプン、殺菌乳酸菌末、セルロース、ステアリン酸Ca

ヘルスエイド ビフィーナSは25年連続売上No.1※

  • ビフィーナシリーズは25年連続売上No.1※
  • 便通を改善する機能のあるビフィズス菌を配合
  • スティックタイプで持ち運び便利

※富士経済「H・B フーズマーケティング便覧 1998~2022」機能志向食品編整腸効果ビフィズス菌メーカーシェア(1996~2020年実績) ビフィーナ®シリーズ全体での売上(旧商品も含む)

ヘルスエイドのビフィーナSは、ビフィーナシリーズを含め25年連続売上No.1※で、1,400万個販売されています。

ビフィーナSの特徴は黄色の極小カプセルで、胃酸に弱い乳酸菌を継ぎ目のない3層構造カプセルで包み、腸まで届けてくれます。

また便通を改善する機能のあるビフィズス菌(ロンガム種BB536)が、1袋当たり50億個も含まれていることが特徴です。

そのため毎日の健康や便通が気になる人にはおすすめです。

そしてビフィーナSは使い切りのスティックタイプで持ち運びができ、1日1袋をいつでもササッと飲むことができます。

味はレモン風味で、水なしで簡単に飲めることもポイントです。

ビフィーナSで乳酸菌サプリを始める
商品名 ビフィーナS
乳酸菌の種類 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)
価格/内容量 3,856円/30日分
1日当たりの料金 約129円
サプリの形状 粉末タイプ
ビフィーナSの全成分
エリスリトール(国内製造)、食用油脂、オリゴ糖、ゼラチン、デンプン、ビフィズス菌末、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/グリセリン、乳化剤、酸味料、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド)

ラクティアは女性の悩みに寄り添って開発

  • 女性の悩みに寄り添って開発
  • 1粒に1,000億個の乳酸菌
  • 5つの美容成分を配合

ラクティアは女性のお通じや肌の悩みに寄り添って開発した、機能性表示食品です。

そしてラクティアには肌の潤いを維持する機能と、お通じを改善する機能があると報告されている植物性乳酸菌K-1が含まれています。

お米由来の植物性乳酸菌K-1がラクティアには1,000億個も含まれており、1日1粒で良いため飲み続ける負担が少ないこともポイントです。

さらに乳酸菌以外にも、豚プラセンタエキス末やヒアルロン酸・ビタミンE含有植物油・ビタミンC・ビタミンAといった、5つの成分を配合しています。

お腹や肌の調子が気になる人やお肌の潤いを保ちたい人にはおすすめです。

ラクティアで乳酸菌サプリを始める
商品名 ラクティア
乳酸菌の種類 植物性乳酸菌K-1(L.casei327)
価格/内容量 1,980円/約1ヶ月分
1日当たりの料金 66円
サプリの形状 タブレットタイプ
ラクティアの全成分
植物性乳酸菌(殺菌)末(植物性乳酸菌、デキストリン)(国内製造)、還元麦芽糖水飴、デンプン、豚プラセンタエキス末、ビタミンE含有植物油 / 結晶セルロース、ビタミンC、ヒアルロン酸、ステアリン酸カルシウム、加工デンプン、微粒二酸化ケイ素、ビタミンA

ビフィパックはビフィズス菌×乳酸菌×オリゴ糖で生きたまま腸まで届く

  • ビフィズス菌と乳酸菌・オリゴ糖を配合
  • 二重のカプセルで生きたビフィズス菌を腸まで届ける
  • 水なしでそのまま飲める

ビフィパックにはビフィズス菌の他に、乳酸菌とオリゴ糖を配合しています。

機能性関与成分であるビフィズス菌(ロンガム種 JBL01)には、腸内フローラを良好にして便秘気味の人の便通を改善する機能が報告されています。

耐酸性皮膜とハイパープロテクト層の二重カプセルでビフィズス菌と乳酸菌を包み、生きたビフィズス菌を腸まで届けられることが特徴です。

そしてビフィパックには10億個の乳酸菌と、ビフィズス菌やオリゴ糖のエサとなるオリゴ糖も配合しており、飲みやすい粒状に形成されています。

極小の粒タイプになっており、水なしでそのまま飲めるため、タブレットタイプやカプセルタイプが苦手な人でも飲みやすいです。

ビフィパックで乳酸菌サプリを始める
商品名 ビフィパック
乳酸菌の種類 ・ビフィズス菌(ロンガム種 JBL01)
・乳酸菌(アシドフィルス菌、ガセリ菌)
価格/内容量 3,780円/約1ヶ月分
1日当たりの料金 126円
サプリの形状 粉末タイプ
ビフィパックの全成分
クマザサエキス含有食品(エリスリトール、クマザサエキス末、マルチトール、ラクチュロース(乳成分を含む)、ラフィノース)、食用油脂、ゼラチン、ビフィズス菌末、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/結晶セルロース、グリセリン、乳化剤(大豆由来)、酸味料、ショ糖エステル、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ)

ラクトフェリン 乳酸菌PLUSは高めのBMIの改善に役立つ

  • 高めのBMIの改善に役立つラクトフェリンを配合
  • お通じの改善と肌のバリア機能を維持
  • ネット通販で購入が可能

ラクトフェリン 乳酸菌PLUSには、高めのBMIの改善に役立つ機能性関与成分のラクトフェリンを250㎎配合しています。

ラクトフェリンは高めのBMIの改善に役立つ以外に、肥満気味な人のお腹の脂肪(内臓脂肪)を減らすサポートをする機能があると報告されています。

またラクトフェリンの他に機能性関与成分である乳酸菌K-1も含まれており、乳酸菌K-1にはお腹の調子を整えて便通の改善を助ける機能があることが特徴です。

そして便通の改善以外に、肌を乾燥から守る機能(バリア機能)を維持することも報告されています。

購入方法は通常のお届けコースと定期お届けコースの2種類があり、ネット通販で簡単に購入が可能です。

ラクトフェリン 乳酸菌PLUSで乳酸菌サプリを始める
商品名 ラクトフェリン 乳酸菌PLUS
乳酸菌の種類 乳酸菌K-1(L. casei 327)
価格/内容量 7,419円/1ヶ月分
1日当たりの料金 239円
サプリの形状 タブレットタイプ
ラクトフェリン 乳酸菌PLUSの全成分
マルチトール(国内製造)、殺菌乳酸菌粉末(乳酸菌、デキストリン) /結晶セルロース、ラクトフェリン(乳由来)、HPMC、アルギン酸Na、 CMC-Ca、微粒二酸化ケイ素、グリセリン、タルク、ステアリン酸Ca

善玉菌のチカラEXは現代人に不足しがちなカルシウムとビタミンDも配合

  • 不足しがちなカルシウムとビタミンDを配合
  • 2種類の善玉菌を配合
  • 腸内環境を整えお通じを改善

善玉菌のチカラEXには、乳酸菌の他に現代人に不足しがちなカルシウムとビタミンDを配合しています。

そして乳酸菌はフジッコ独自の乳酸菌である生きた乳酸菌クレモリス菌FC株ビフィズス菌の2種類が配合されていることが特徴です。

クレモリス菌FC株にはお通じを改善する機能があり、ビフィズス菌には腸内環境を良好にして腸の調子を整える機能があると報告されています。

2種類の善玉菌で腸内フローラの善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、毎日の健康をサポートしてくれます。

定期コースには毎月お届けコースと、2ヶ月・3ヶ月ごとに届けてくれるコースの3つがあるため、希望に合わせて購入が可能です。

善玉菌のチカラEXで乳酸菌サプリを始める
商品名 善玉菌のチカラEX
乳酸菌の種類 ・クレモリス菌FC株(L.lactis subsp. cremoris FC)
・ビフィズス菌BB536
価格/内容量 4,700円/1ヶ月分
1日当たりの料金 約152円
サプリの形状 カプセルタイプ
善玉菌のチカラEXの全成分
乳酸菌末(還元水あめ、乳酸菌原末、デキストリン)、ビフィズス菌末(でんぷん、ビフィズス菌原末)、ゼラチン、カゼインホスホペプチド、デキストリン/貝カルシウム、ショ糖脂肪酸エステル、ビタミンD

乳酸菌がもたらす効果はおなかの調子を整える作用や免疫機能の維持

乳酸菌がもたらす効果はおなかの調子を整える作用や免疫機能の維持
乳酸菌は腸内環境を整えてくれる効果があることで有名ですが、腸内環境を整えてくれる以外にも嬉しい効果がたくさんあります。

乳酸菌を摂ることで得られる主な効果は以下のとおりです。

  • 腸内フローラを整える
  • 免疫機能を維持する
  • お肌の潤いを維持する
  • 精神的ストレスの緩和
  • 睡眠の質向上

乳酸菌の働きによって腸内フローラを整うことで、免疫機能を維持したりお肌の潤いの維持に繋がります。

加えて、精神的ストレスの緩和や睡眠の質向上など乳酸菌を摂取すること体に良い効果ばかりです。

しかし、乳酸菌は新たに摂取しても体内に棲みつくことはできません。

約48時間で体内から排出されてしまうので、毎日継続して取り入れる必要があります。

毎日継続して乳酸菌を摂取しようと思うと、下記のような乳酸菌食品を毎日などを食べなければいけません。

味噌や醤油、お酢、ぬか漬け、キムチ、納豆、チーズ、ヨーグルト

乳酸菌食品を毎日継続して食べ続けるのは難しいという人は、乳酸菌サプリを服用を検討してみてください。

これから乳酸菌がもたらす効果について順番に解説していきます。

参考:乳酸菌 - e-ヘルスネット

免疫機能を維持して便通を良くする

免疫機能を維持して便通を良くする
乳酸菌には、腸内フローラを整えて免疫機能を維持したり、便通を良くする効果があります。

腸内フローラとは腸に棲んでいる細菌たちのことで、腸内フローラには健康に関わる3つの役割を持っています。

  • 食べ物を栄養物質へ作り変える
  • 腸内の免疫機能を維持する
  • 腸内フローラのバランスを保ち健康を維持する

人間の免疫力に関わる細胞は、約60%が腸で生成されています。
参考:腸と免疫

ですので、腸内を健康に保つことで腸が活発に働き、免疫機能を維持することに繋がるのです。

また、腸内フローラのバランスが整うことで便通が良くなる効果もあります。

免疫力を維持したいという方や普段から便秘気味という方は、意識して乳酸菌を摂取してみても良いでしょう。

肌の角層水分量が高まりお肌の潤いを維持する

 肌の角層水分量が高まりお肌の潤いを維持する
乳酸菌を摂取することで、肌の角層水分量が高まりお肌の潤いを維持する効果も得ることができます。

乳酸菌と美肌効果の関係を想像すると、乳酸菌化粧水などが販売されているので肌に塗るイメージを持たれる方も多いでしょう。

しかし乳酸菌は、摂取することによっても美肌効果を得ることもできるのです。

乳酸菌を摂取することで得られる美肌効果について説明すると、まず腸内に有機酸という抗菌性のある成分が生成され、有害菌の増殖が抑えられます
参考:有機酸とは

有害菌の増殖を抑えた結果、肌の潤いを逃がしにくくし、肌を乾燥から守る機能(バリア機能)を維持することができます。

乳酸菌を摂取し腸内環境を健やかに保つことは、美肌を保つことにも繋がります。

肌を乾燥から守りたいという方も、乳酸菌の摂取をおすすめします。

精神的ストレスを緩和させたり睡眠の質を向上させる

精神的ストレスを緩和させたり睡眠の質を向上させる
最後に、乳酸菌には精神的ストレスを緩和させたり睡眠の質を向上させる効果も認められています。

なぜ精神的ストレスを緩和させる効果があるのかというと、乳酸菌が脳の一部の血流が抑制し、ストレスの感受性を低下させるからです。

ストレスホルモン分泌量を比較する試験でも、乳酸菌の摂取によってストレスホルモンを減らす指令が脳から出ることが判明しています。

参考:乳酸菌にストレス性睡眠障害改善効果を発見

また、乳酸菌の睡眠の質を向上させる効果についても実験が行われており、睡眠中の脳波測定で熟睡度が高かったという実験結果が出ています。
参考:眠れない夜には乳酸菌

日々の精神的ストレスを和らげたいという方や睡眠の質が低いと感じている方は、乳酸菌の摂取を心がけるとストレスの緩和や熟睡に繋がりますよ。

乳酸菌サプリは腸のゴールデンタイムである夜に飲むと効果的

乳酸菌サプリは腸のゴールデンタイムである夜に飲むと効果的
腸内環境を整えるために乳酸菌サプリを摂取するなら、腸のゴールデンタイムである起床から15〜19時間後の夜に飲むと効果的です。

腸内細菌は寝ている時間に活発に活動しており、朝6時に起床した場合のゴールデンタイムは、夜9時~1時の間が目安です。

そして乳酸菌は胃酸に弱いという特徴があり、胃酸が多いタイミングで摂取するとせっかくの乳酸菌が死んでしまうため、胃酸の影響が少ない時に飲む必要があります。

空腹時は胃酸の分泌が多いため、食後の胃酸の分泌が落ち着いているタイミングがおすすめです。

また日中よりも胃酸の分泌が比較的少ない夜の寝る前が、乳酸菌サプリの摂取にはピッタリです。

乳酸菌サプリは毎日継続する必要がある

乳酸菌は腸にとどまり続けるわけではないため、毎日継続して摂取する必要があります。

乳酸菌は摂取してから約48時間で体外に排出され、摂取をやめると効果がなくなってしまいます。

また乳酸菌は栄養素ではないため、1日に必要な摂取量の目安はありません。

しかし一度に沢山摂取をしても意味はないため、乳酸菌サプリに記載されている目安量を摂取しましょう。

定期的に摂取をしていてもすぐに効果が出るものではなく、最低でも2週間程は乳酸菌の摂取を続けてみてください。

そして乳酸菌は人によって合う合わないがあり、毎日続けても効果を感じられない場合があります。

そんな時は別の商品を試して、自分に合った乳酸菌を探してみましょう。

参考:乳酸菌で免疫力アップ!

乳酸菌と合わせてオリゴ糖や食物繊維を合わせて摂取するとよい

乳酸菌のみを摂取するよりも、オリゴ糖や食物繊維と合わせて摂取すると、善玉菌を増やす助けになるためおすすめです。

乳酸菌は腸で糖を分解して乳酸を作っており、オリゴ糖は分解されずに腸まで届くため、乳酸菌のエサになります。

オリゴ糖は血糖値や中性脂肪を上げにくくする働きがあり、大豆や玉ねぎといった食品に含まれています。

大豆などの豆類、玉ねぎ、ネギ、牛蒡、大蒜、アスパラガス、ブロッコリー、カリフラワー、アボカド、バナナ

食物繊維は乳酸菌の善玉菌の増殖を助けてくれて、悪玉菌と腸内の有害物質を減らす働きがあり、そばやしらたきといった食品に含まれています。

そば、しらたき、さつまいも、かぼちゃ、ブロッコリー、あずき、おから、ひじき

参考:腸内細菌と健康

乳酸菌サプリに関するQ&A

乳酸菌サプリに関するQ&A
当記事ではおすすめの乳酸菌サプリや摂取するタイミングを紹介しましたが、まだ紹介しきれいていない乳酸菌に関するQ&Aを2つ解説します。

  • 「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の違いは?
  • 乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌には様々な種類があり、その中でも大きく分けると「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」という2種類に分類することができます。

そして乳酸菌とビフィズス菌にも違いがあります。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌・乳酸菌とビフィズス菌でそれぞれ特徴が異なるため、乳酸菌サプリメントを購入する際は、違いを理解したうえで選ぶと良いでしょう。

「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の違いは?

動物性乳酸菌はヨーグルトやチーズといった乳製品から分離され、植物性乳酸菌は味噌や醤油・漬物といった野菜や植物を発酵したものから分離された乳酸菌です。

  • 動物性乳酸菌:乳製品、動物の腸から分離された乳酸菌
  • 植物性乳酸菌:味噌や醤油など、野菜や植物の発酵物から分離された乳酸菌

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌は、乳酸菌が見つかった場所によって、2種類に分類した呼び方のことを言います。

ただしチーズやヨーグルトを作る乳酸菌は、乳製品だけでなく植物からも分離されて使用されることがあるため、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌をはっきり分けることは難しいです。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌で違いが出るわけではなく、菌種・菌株によって特徴が異なります。

そのため乳酸菌サプリを選ぶ際は、それぞれの特徴や機能で選ぶと良いでしょう。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の違いは、体内で発動する場所が異なる以外に、以下のような違いがあります。

乳酸菌とビフィズス菌の違い 乳酸菌 ビフィズス菌
生息場所 腸内や乳製品・植物に生息 人や動物の腸管のみで生息
活動場所
(住みつく場所)
小腸 大腸(腸内フローラ)
酸素のある場所での
活動有無
酸素があっても生息可能 酸素のある場所では生息不可
代謝産物 乳酸を生成 酢酸と乳酸を生成

腸内環境を整えるうえでは乳酸菌とビフィズス菌はどちらも大切ですが、生息が可能な場所や活動場所が異なります。

ビフィズス菌が生成する乳酸には殺菌力があり、大腸菌の増殖を抑えてお腹の調子を整えてくれます。

そして乳酸菌はビフィズス菌と同様に、生成する乳酸で悪玉菌の増殖を抑える効果があり、多くの免疫機能が備わっている小腸をサポートしていることが特徴です。

まとめ

乳酸菌はお腹の調子を整えるおなかの調子を整える作用や、免疫機能の維持といった様々な機能があります。

そのためお腹の調子が気になっている人や、健康面が気になっている人には乳酸菌サプリがおすすめです。

しかし乳酸菌サプリにも種類があり、含まれている乳酸菌の種類や数が異なります。

乳酸菌によっては機能が異なるため、明確な目的をもって乳酸菌サプリの摂取を始める場合は、きちんとどの乳酸菌が含まれているのかを確認しましょう。

また乳酸菌によっては体との相性が合わないこともあるため、もしも効果を感じない場合は他のサプリメントを試したりして、自分に合う乳酸菌サプリを見つけてください。