ファスティングおすすめサポート食品10選!断食期間別で効果・特徴を紹介

おすすめファスティングサポート食品10選!初心者でもできる正しい方法を解説

ファスティングをすることで、デトックス効果や腸内環境の改善、免疫力の向上などの効果が得られます。

ファスティングサポート食品は様々なメーカーから販売されているので、どれを選べばいいのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

ファスティングには「準備期・断食期・回復期」の3つの過程を経る必要があり、回復期の胃が空っぽの状態で通常と同じ食事を食べると、胃腸に大きな負担がかかってしまいます。

ファスティングサポート食品を選ぶ際は、準備期・断食期・回復期のそれぞれの時期に合わせて「胃に優しいか糖質と脂質が多くないか味付けは濃くないか」を基準に選びましょう。

今回はおすすめのファスティングサポート食品を10個ピックアップしてご紹介します。

ファスティングの効果正しいファスティングのやり方も解説しているので、ファスティングをしようと考えている方は参考にしてみてください。

  • ファスティングによって得られる効果が知りたい
  • 正しいファスティングのやり方が知りたい
  • おすすめのファスティングサポート食品が知りたい
目次

ファスティングで得られるのは間接的なダイエット効果

ファスティングで得られる4つの効果
ファスティングには「味覚をリセットすることができる」「免疫力の向上につながる」といった効果がありますが、その他にも様々な効果があります。

  • 内臓を休息させることができる
  • 体内の有害物質を排出することができる
  • 免疫力の向上につながる
  • 美肌やむくみ解消などにつながる
  • 間接的なダイエット効果や美肌効果、むくみ解消効果は見込める

ダイエットを目的にファスティングを始める人もいますが、直接的なダイエット効果はありません

ファスティングの目的は、あくまでデトックスがメインです。

ダイエット目的でファスティングを行うと、期待していた効果が得られない可能性があることを覚えておきましょう。

またデトックス効果で体内の不純物が排泄されることで体重は一時的には減少しますが、ファスティング後は栄養の吸収率が良くなるため、リバウンドしやすくなります

ただし有害物質を排出やむくみ解消によって、間接的なダイエット効果美肌効果は見込めるでしょう。

具体的にファスティングで得られる効果に関しては、順に解説します。

参考:間欠断食は効果的だが、従来のダイエットより良いとはいえない

ファスティングによって内臓を休息させて消化機能を整える

内臓を休息させることができる
ファスティングを行うと固形物を摂取しないことで消化の必要がなくなり、内臓が休息でき衰えていた消化機能を元の状態に整えることが可能できます。

食べ物の消化や吸収をするには、大きなエネルギーが必要です。

また現代人は朝・昼・晩と食事を摂る上に、胃腸に負担がかかる食べ物も多いため、常に胃腸を酷使しています。

辛い食べ物やアルコールなど、下記のような胃腸に負担がかかる食べ物が好きな人は、ファスティングを行うことで胃腸を休めることができます。

  • スパイスや唐辛子などの香辛料
  • アルコール、コーヒー、炭酸飲料
  • 塩分の多い食事
  • レンコンやごぼうなどの繊維質の野菜
  • バラ肉など脂質の多いもの
  • 揚げ物や炒め物など脂っこい食事
  • たこやいかなど魚介類

また、消化・吸収を行わないことで内臓が回復に集中することができ、衰えていた消化機能が元に戻って便通が良くなる効果も期待できます。

参考:栄養に関する基礎知識

ファスティングによって排泄にエネルギーが回るため体内の有害物質が排出される

体内から有害物質が排出される
ファスティングを行うと、消化よりも排泄にエネルギーを回すことができるため、体内の有害物質を排出することができます。

現代人はスーパーやコンビニ・外食など、日常的に防腐剤や殺菌剤といった食品添加物が含まれた食品を多く口にしています。

食品添加物は食品を長持ちさせたり、味や色どりをよくするといったメリットはありますが、病気や健康を害する原因になる可能性もあるため摂取を控えるべき成分です。

ただ食品添加物は今や多くの食品に使用されているため、完全に避けることは非常に難しくなっています。

そこで固形物を食べないようにすることで、腸が本来の機能を取り戻し排泄機能が高まって、体内に蓄積された有害物質を排出することができます。

有害物質を体外に排出する過程で、「好転反応」という一時的な体調不良が起こる場合があります。

しかし好転反応は1~2日程度で治まりますので、好転反応は体内から有害物質を排出する過程として我慢してください。

ただしあまりにも好転反応が辛過ぎる場合はファスティングを中断しましょう。

好転反応とは 症状
一段階目 弛緩反応 倦怠感・強い眠気・発熱など
二段階目 過敏反応 痛み・かゆみ・炎症・便秘・下痢など
三段階目 排泄反応 吹き出物・発疹・目やに・尿量が増える・尿の匂いの変化
四段階目 回復反応 発熱・頭痛・吐き気・動悸など

体内に溜まった添加物や毒素といった有害物質を体外に排出して、スッキリしたいという方にもファスティングがおすすめです。

参考:「好転反応」と言われても、健康被害が出たら利用は中止

ファスティングは味の濃い食事を取らないため味覚をリセットできる

味覚をリセットすることができる
ファスティング中は水分を多く摂取し、味の濃い食事を取らないため、味覚をリセットすることができます。

  • 素材の味に敏感になれる
  • 薄味の料理を美味しく感じられる
  • 食べる量を減らしても足りなく感じない

一般的な食事には、調味料を沢山使用した濃い味付けがされています。

そのため現代人は濃い味に慣れていますが、食事を取らないことで味覚が元に戻り、ファスティング後は薄い味付けでも美味しく感じやすいです。

また胃が小さくなるため、以前よりも少量でも満足できるようになることもあります。

以上のことから、ファスティングは濃い味付けで塩分の摂取量が気になる方や、外食で濃い味付けのものばかり食べていて味覚をリセットしたい方にもおすすめです。

参考:日本人の味覚と嗜好

ファスティングによって腸内環境が整うので免疫力の向上につながる

免疫力の向上につながる
ファスティングをすると、腸が休まり腸内環境が整うので免疫力の向上につながります。

体の健康維持をするためには、腸の健康状態を保つことが大切です。

なんと、人間の免疫力に関わる細胞の約60%は腸で作られており、腸を活性化させると免疫力の向上につながります。

ファスティングをすると、食べたものの消化吸収に使われていたエネルギーが回復に回されるようになり、腸を休息させることができます。

腸が休まることで腸内環境が整い、本来の機能を取り戻して免疫力が高まるというメカニズムです。

肉類の過剰摂取は腸内環境を悪化させる原因になるため、食生活が乱れている方肉類の摂取が多い方は、ファスティングを行うと腸内環境が整うためおすすめです。

参考:免疫力UPで感染症予防~腸内環境を整えよう~

ファスティングは準備期・断食期・回復期の3工程に分けて行う

正しいファスティングのやり方
正しいファスティングのやり方は、準備期・断食期・回復期の3工程に分けて行うことです。

1日の中で1食を抜くプチ断食や16時間ファスティングなど、様々なやり方が存在しますが、急に食事を抜いたりする方法は正しいやり方ではありません

正しいファスティングのやり方
準備期 胃に優しいものを食べて準備する
断食期 固形物を口にしない
回復期 少しずつ柔らかいものを食べて胃を慣れさせる

断食期の前後には、体を徐々に整えて慣らしていく必要があります。

そして食事を調節するだけでなく、体を動かすことも大切です。

ファスティング中に全く運動をせずひきこもってしまうと、食べ物のことばかり考えてイライラしてしまいます。

ファスティング中は外出をして、食事から気を紛らわせましょう。

またデトックスをする意味でも、ファスティング中は体の巡りをよくするために、適度な運動を取り入れると効果的です。

ただし過度な運動は体に負担をかけてしまうため、体調不良にならないよう注意してください。

次に正しいファスティングのやり方を日数別に詳しく解説します。

1日間のファスティングはデトックス効果が得られる

1日間のファスティングは、準備1日、断食1日、回復1日の計3日で行うファスティングです。

1日間のファスティングの場合は断食期間が1日のみなため、比較的気軽にチャレンジできます。

1日間のファスティングでは、デトックス効果・疲れた胃腸のリセット・胃もたれ解消といった効果が得られます。

  • デトックス効果
  • 疲れた胃腸のリセット
  • 胃もたれ解消
日数
準備期 1日
断食期 1日
回復期 1日

まずはお試しでファスティングをやってみたいという方におすすめのファスティング方法です。

ファスティングは人によっては体に不調が出ることもあるため、1日ファスティングを体験してから体調の様子を見て、3日ファスティングや5日ファスティングに切り替えると良いでしょう。

3日間のファスティングは疲れた胃腸のリセットができる

3日間のファスティングは、準備2~3日、断食3日、回復2~3日の計7~9日で行うファスティングです。

1日のみのファスティングに比べると期間が長いため、事前に計画して予定を立てる必要があります。

3日間のファスティングでは、1日のみのファスティングと同様の効果が得られます。

  • デトックス効果
  • 疲れた胃腸のリセット
  • 胃もたれ解消
日数
準備期 2~3日
断食期 3日
回復期 2~3日

断食期間が3日あるため、ハードなスケジュールが詰まっている時や仕事がある日は、必要に応じて避けるようにしましょう。

また脱水症状を起こさないためにも、きちんと水分を摂取して、酵素ドリンクやファスティング用のスムージーで必要最低限の栄養を補給してください。

ダイエット効果を求める場合は、3日ファスティングではあまり変化を感じない可能性があるため、体調を見つつ5日ファスティングも検討すると良いでしょう。

5日間のファスティングはダイエット目的の人におすすめ

5日間のファスティングは、準備5日、断食5日、回復5日の計15日で行うファスティングです。

5日間のファスティングは、よりダイエット効果を求める方にはおすすめです。

ただし断食期間が5日と少し長いため、体調管理を慎重に行う必要があります。

  • デトックス効果
  • 免疫力の向上
  • 胃もたれ解消
  • 腸内環境の改善
  • 間接的なダイエット効果
日数
準備期 5日
断食期 5日
回復期 5日

5日ファスティングのように長期間のファスティングをする場合は、ある程度3日ファスティングで慣らしたり、ファスティングを経験してからの方がよいでしょう。

5日ファスティングでは、1日ファスティングや3日ファスティングと同様の効果以外に、免疫力の向上や腸内環境の改善といった効果があります。

断食期におすすめファスティングドリンク5選!人工甘味料不使用・自然由来・低糖質なものを紹介

断食期におすすめのファスティングドリンク5選
断食期間中のドリンクは種類が沢山あり、ファスティングフードの時と同様に、自分に合ったものを見つける必要があります。

特にスムージーや野菜ジュースの場合は、糖分が多すぎないかに注意して、原材料名に注目して選びましょう。

  • 甘味料が多くないか
  • 自然由来の糖か
  • 酵素原液100%か
  • エキスや抽出液でなく食材名で記載されているか

など

ファスティングドリンクを選ぶ上で大切なチェックポイントを基準に、おすすめファスティングドリンクを5種類選びました。

以下の表を参考に、自分に合ったファスティングドリンクを見つけましょう。

関連記事
酵素ドリンクのおすすめランキング14選!選び方のポイントや飲み方のアレンジ方法も紹介

より詳しいファスティングドリンクの特徴に関しては、それそれ詳しく解説します。

商品名 ベルタ酵素ドリンク エッセンシア酵素ドリンク 優光泉プレミアム MANA酵素 サンシャインクレンズ
値段※ 初回限定価格2,138円~
(通常価格6,458円)
初回限定価格7,101円~
(通常価格7,890円)
2,646円~
(初回限定価格)
9,155円 定期購入価格5,500円~
内容量 内容量:710ml
(1回45~50mlの場合は約2週間分)
内容量:720ml
(ファスティング目的の場合は約2~2.4日分)
内容量:720ml
(ファスティング目的の場合は約1日分)
内容量:500ml
(ファスティング目的の場合は約1.5日分)
内容量:200ml×15パック※月1お届けプランの場合
(1日1食7日分)
特徴 シリーズ累計販売数が614万個※を突破していて知名度がある 完全無添加にこだわって製造 原材料の全てが国産で素材にこだわりたい方におすすめ 有機栽培や無農薬で育てた野菜を使用 酵素ファスティングマスターが質問に答えてくれるサポート付き
詳細 ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら

※2013年2月~2021年4月の数値

ベルタ酵素ドリンクはシリーズ累計販売数614万突破

  • 累計販売数が614万個※を突破していて知名度がある
  • 165種類の酵素エキスと美容成分を配合
  • ベルタ社員が専任でファスティングをサポート

ベルタ酵素ドリンクは、シリーズの累計販売数が614万個※を突破した、知名度のある酵素ドリンクです。

165種類の酵素エキスと、プラセンタエキスやヒアルロン酸・ザクロといった美容成分を配合しています。

酵素は熱に弱い性質がありますが、ベルタ酵素ドリンクには熱に強く低カロリーなエンザミンを配合しているため、きちんと腸内まで届くことも特徴です。

そしてベルタ酵素ドリンクを購入すると、ベルタ社員が専任でダイエットやファスティングに関するサポートをしてくれます。

そのため初めてファスティングや、ダイエットをしようと思っている方にはおすすめの酵素ドリンクです。

※2013年2月~2021年4月の数値

\サポート付きで初めてのファスティングでも大丈夫/

ベルタ酵素ドリンクでファスティングを始めてみる
品名 ベルタ酵素ドリンク
内容量 710ml
カロリー
(1食あたり)
約60kcal
※45mlの場合
含有成分 イソマルトオリゴ糖・果糖ブドウ糖液糖・エンザミン・食物繊維・リンゴ果汁・植物発酵抽出物など
アレルギー りんご・オレンジ・バナナ・カシューナッツ・キウイフルーツ・ゴマ・大豆

エッセンシア酵素ドリンクは無添加にこだわって製造

  • 酵素専門店が完全無添加にこだわって製造
  • 100%濃縮エキスで水は不使用
  • 60種類の原材料を皮や種を取り除かず使用

エッセンシア酵素ドリンクは、酵素専門店が完全無添加にこだわって製造した酵素ドリンクです。

保存料や添加物以外に、水は不使用で100%濃縮エキスの酵素ドリンクなため、天然の栄養素が豊富に詰まっています。

野菜や果物といった60種類の原材料は、全て国産のものを使用し、自然発酵で作っています。

たくさん栄養が詰まっていることが多い皮や種・葉は取り除かず、実の部分と一緒に半年~1年という時間をかけて発酵させていることもポイントです。

エッセンシア酵素ドリンクは2007年から10年以上のロングセラー商品で、野菜不足が気になっている方や、成分もこだわって選びたいという方におすすめの酵素ドリンクです。

\完全無添加で栄養素たっぷり/

エッセンシア酵素ドリンクでファスティングを始めてみる

 

品名 エッセンシア酵素ドリンク
内容量 720ml
カロリー
(1食あたり)
約87kcal
※40mlの場合
含有成分 大根・キャベツ・ニンジン・トマト・きゅうり・じゃがいも・さつまいも・パイナップル・里芋・かぼちゃ・レンコンなど
アレルギー りんご・山芋・大豆・キウイ

優光泉プレミアムは原材料の全てが国産

  • 原材料は全て国産を使用
  • 水や液糖で薄めていない原液100%
  • 春限定生産のプレミアムな優光泉

優光泉プレミアムは、昭和63年から運営している断食道場の実績を元に開発された酵素ドリンクで、原材料全てを国産の野菜や果物を使用し製造されています。

公式サイトの原材料の表示には、一つ一つの材料の産地が表記されています。

そして水や液糖で薄めず、保存料や香料といった添加物も不使用で原液100%なこともポイントです。

優光泉にはさまざまなシリーズがありますが、優光泉プレミアムは一番美味しく仕込める春限定生産の酵素ドリンクです。

季節や数量が限られているため、購入が難しい時期もありますが、味や素材にこだわった酵素ドリンクを飲んでみたいという方にはピッタリでしょう。

\国産野菜と果物で作った春限定の酵素ドリンク/

優光泉プレミアムでファスティングを始めてみる
品名 優光泉プレミアム
内容量 720ml
カロリー
(1食あたり)
約129kcal
※40mlの場合
含有成分 大根・キャベツ・ニンジン・トマト・きゅうり・じゃがいも・さつまいも・パイナップル・里芋・かぼちゃなど
アレルギー 大豆・りんご・山芋・もも

MANA酵素は有機栽培と無農薬で育てた野菜や果物を使用

  • 有機栽培と無農薬で育てた野菜や果物を使用
  • 原液酵素100%の酵素ドリンク
  • 50種類の植物性乳酸菌を使用

MANA酵素の原材料には、有機栽培や無農薬で育てた約60種類の野菜や果物を使用して作られた酵素ドリンクです。

水や果汁で薄めることなく、原液酵素100%で製造されており、380種類の農薬検査も実施済みということも魅力です。

1年2ヶ月じっくりと発酵させて作られた酵素エキスには、ファスティング中に必要なマグネシウムや、MSM・L-カルニチンといった有用成分が配合されています。

その他には50種類の植物性乳酸菌も配合されており、ファスティングの断食期にはMANA酵素だけで必要な栄養を摂取できます。

健康面を考え成分にこだわり、酵素ドリンクを選びたいという方にはおすすめです。

\原液酵素100%で栄養素がたっぷり/

MANA酵素でファスティングを始めてみる
品名 MANA酵素
内容量 500ml
カロリー
(1食あたり)
約65kcal
※30mlの場合
含有成分 オリゴ糖・黒糖・蔗糖・アカザ・アカメガシワ・アマチャヅル・イチョウの葉・ウコギなど
アレルギー 山芋・りんご

サンシャインクレンズはコールドプレス製法で鮮度にこだわり

  • 鮮度にこだわりコールドプレス製法で製造
  • 1本に1キロ以上の素材を使用
  • クレンズ定期便プランなら月1回体をリセット可能

サンシャインクレンズは、100%自然由来・100%植物由来で鮮度にこだわり、コールドプレス製法で製造しているファスティング用ドリンクです。

コールドプレスジュースとは、素材を生のまま強い圧力をかけて製造する方法で、素材が持っている水分を搾り出すジュースのことを言います。

余分な水分や糖分を使用せず、野菜の水分のみで作られています。

ドリンク1本分に使用される野菜や果物の量は約1~1.5㎏あり、野菜本来の甘み栄養素をたっぷり摂取できることも魅力です。

クレンズ定期便プランなら、月1回分のドリンクが届き、毎月体をリセットできます。

味の種類は豊富なため、飽きずに楽しくファスティングが楽しめます。

\野菜本来の甘みや栄養素を摂取できる/

サンシャインクレンズでファスティングを始めてみる
品名 サンシャインクレンズ
内容量 200ml×15パック(月1お届けプランの場合)
カロリー
(1食あたり)
※種類によって異なります。
含有成分 ケール・みかん・りんご・チアシード・かぼす・ビーツ・マカなど
※種類によって異なります。
アレルギー りんご・オレンジ
※種類によって異なります。

準備期・回復期におすすめファスティングサポート食品5選!胃に優しい・低脂質・薄味なものを紹介

準備期・回復期におすすめのファスティングサポート食品5選
ファスティングサポート食品には多くの種類があり、自分に合ったものを見つけることが重要です。

ファスティングは準備期・断食期・回復期に分けて摂取するべき食品の種類が変わるため、まずは準備期と回復期におすすめファスティングフードを5つ紹介します。

今回は以下の観点から、おすすめのファスティングサポート食品をピックアップしました。

  • 胃に負担のかかる食材は使用していないか
  • 脂質は多くないか
  • 味付けが濃くないか

以下の表を参考に、自分に合ったファスティングサポート食品を見つけましょう。

商品の特徴やおすすめポイントに関しては、それそれ詳しく解説します。

商品名 1DAYクレンズ GREEN SPOON DELIFAS ファストプロミール みそポタ・ゆるっと腸活ファスティング
値段※ 2,138円~
(定期便初回限定価格)
7,776円~ 18,800円~
(初回限定価格)
7,927円~ 2,646円~
(初回限定価格)
内容量 スムージー・スープ・おかゆ
(7日分)
自身で選んだスムージーやスープ・ホットサラダ
(8食分)
スムージーかポタージュ・季節の野菜セット・スープ
(3日分)
おかゆ・リゾット・カレー・ライス
(10食分)
スープ
(1日1食7日分)
特徴 ・準備食~回復食までがセットだから1DAYクレンズのみで揃う
・40種類以上の食物発酵エキスを配合
・野菜が豊富
種類が沢山で楽しくファスティングの準備ができる
・準備食~回復食までがセットだから初心者でも始めやすい
・管理栄養士のサポートあり
化学調味料不使用でファスティングのために開発 アレンジレシピが豊富で自炊派の方におすすめ
詳細 ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら

※セットプランの料金です。

1DAYクレンズはサラダボウル専門店が開発

  • サラダボウル専門店が開発したファスティングセット
  • 40種類以上の食物発酵エキスを配合
  • 定期購入なら15日間隔で自動的に届く

1DAYクレンズは都内を中心に、5店舗展開しているサラダボウル専門店「GREEN BROTHERS」が開発したファスティングセットです。

商品の内容は、ジンジャースープ2包・酵素スムージー11包・クレインズかゆ1包の3点セットで、準備期から回復期までを1週間で行えるようになっています。

40種類以上の食物発酵エキスを配合しており、厳選した23種類の野菜と国内製造米・ジンジャースープなど、素材にもこだわって製造されていることもポイントです。

プランには1DAYクレンズ定期実感コースの他に、スムージーセット・1DAYクレンズ3個セットがあります。

定期購入の場合は15日間隔で自動的に届くため、定期的にファスティングをしたい方にはおすすめです。

\ファスティング日は1日だから続けやすい/

1DAYクレンズでファスティングを始めてみる
品名 1DAYクレンズ
内容量 ジンジャースープ2包・酵素スムージー11包・クレインズかゆ1包
カロリー
(1食あたり)
酵素スムージー:39kcal
スープ:15kcal
おかゆ:92kcal
含有成分 酵素スムージー:エリスリトール・ほうれん草粉末・でんぷん分解物・スイートコーン粉末・グリーンピース粉末・野菜混合粉末など
スープ:まねぎ粉末・でんぷん分解物・食塩・砂糖・酵母エキス・白菜エキス・生姜粉末・キャベツ粉末など
おかゆ:もち米・もち麦・大豆・赤米・黒米・発芽玄米・野菜エキス・香辛料など
アレルギー バナナ・大豆・ごま

GREEN SPOONは種類が豊富で楽しくファスティングできる

  • スープやホットサラダと種類が豊富
  • 化学調味料・保存料・合成着色料が不使用
  • 栄養を維持する瞬間冷凍で食材が届く

GREEN SPOONは種類が豊富なスープやスムージー・ホットサラダの中から、自由に組み合わせて購入ができるため、毎日楽しくファスティングができます

スープやスムージーは食材のみが届き、水以外に豆乳や牛乳で調理すれば、様々な味を楽しめることもポイントです。

そして化学調味料・保存料・合成着色料・合成甘味料・香料は不使用で、200種類の食材の組み合わせを管理栄養士がチェックして作られています。

食材は栄養を損なわないように瞬間冷凍したものが毎月自宅に届くため、いちいちカットしたり買い物に行く必要がなく、電子レンジやミキサーで簡単に調理ができます。

初めに簡単な質問に答えると、自分に合った野菜をおすすめしてくれるため、美味しく食べながらファスティングをしたい方にGREEN SPOONはおすすめです。

\種類が豊富で楽しくファスティングができる/

GREEN SPOONでファスティングを始めてみる
品名 GREEN SPOON
内容量 種類によって異なります
カロリー
(1食あたり)
種類によって異なります
含有成分 パイナップル・ケール・枝豆・黄パプリカ・水菜・デーツ・モリンガなど
※種類によって異なります
アレルギー 大豆・乳製品・鶏肉・ゼラチン・小麦・アーモンドなど
※種類によって異なります

DELIFASは3daysや7daysセットがあり食料一式が揃う

  • セットプランが豊富で食料一式が揃うミールキット
  • スムージーや季節の野菜といった種類が豊富
  • 担当の管理栄養士が食事をサポート

DELIFASは準備食・断食中のドリンク・回復食がセットになっており、DELIFAS1つでファスティングを始められます

3daysセットや7daysセット・ふたりプランと3つのプランがあり、1人又は2人でファスティングができます。

届くセット内容は、朝はスムージーかポタージュ・昼は季節の野菜セット・昼はスープとバリエーションが豊富で、固形物を取らないファスティングは辛いという方におすすめです。

リピーター向けの通常商品には定番プラン以外に、スープセットやスムージーセット・1monthプランなど、さらに種類が沢山用意されています。

また管理栄養士の食事・栄養サポート付きプログラムの場合は、事前のカウンセリングから、決まった期間の食事サポートもしてもらえます。

\食料一式が揃うから簡単!/

DELIFASでファスティングを始めてみる
品名 DELIFAS
内容量 ミールキット3食3日分~
カロリー
(1食あたり)
種類によって異なります。
含有成分 種類によって異なります。
アレルギー 野菜・果物・大豆・麦など
※事前カウンセリングで相談可能

ファストプロミールは化学調味料不使用でファスティングのために開発

  • 化学調味料不使用でファスティングのために開発
  • 全6種類で飽きずに続けられる
  • 電子レンジやお湯で温めて簡単調理が可能

ファストプロミールは化学調味料不使用で、酵素栄養学に着目してファスティングのために研究・開発されたファスティングフードです。

合成着色料や白砂糖・人工甘味料・香料といった添加物は不使用で、美容と健康の両方を考えて製造されています。

種類は全6食で、洋風な味のおかゆやリゾット・カレーとバリエーションが豊富です。

ファスティング食とは思えないほど見た目や味も豊かなため、ファスティング中の食事制限が辛い方でも、飽きずに続けやすいことが魅力です。

調理方法は電子レンジやお湯で温めれば簡単にでき、空腹な時でもささっと食べられます。

そしてファスティングの専門家と相談しながら、シリーズの酵素飲料「ハーブザイム113 グランプロ」と合わせて、プログラムを組むことがでます。

\簡単調理で美味しく続けられる/

ファストプロミールでファスティングを始めてみる
品名 ファストプロミール
内容量 10食分
(ファストプロミールファスティングプログラムセットの場合)
カロリー
(1食あたり)
114~224kcal
※種類によって異なります。
含有成分 玄米・もち押麦・アマランサス・黒米・赤米・大豆など
※種類によって異なります。
アレルギー 大豆
※種類によって異なります。

みそポタ・ゆるっと腸活ファスティングはアレンジレシピが豊富

  • アレンジレシピが豊富で楽しく食べられる
  • 腸活にいい発酵食品の味噌を使用
  • 水溶性食物繊維が豊富

みそポタ・ゆるっと腸活ファスティングは、公式サイトでアレンジレシピが多数掲載されており、楽しく食べられるファスティングフードです。

スープとして摂取する場合は、1食70~162kcalと低カロリーで、電子レンジか湯煎で簡単に調理が可能です。

具を入れて味噌汁として飲んでも良いでしょう。

腸活にピッタリな発酵食品の味噌と野菜をポタージュ状にして、腸のことを考えた食添加物を使用し、作られています。

また国産や有機素材の糸かんてんも配合されており、水溶性食物繊維が豊富で味噌と同様、腸活にはおすすめの食材です。

味噌が入っているため、ファスティング中の塩分とミネラルの摂取にも役立ちます。

\腸活にピッタリな味噌と糸かんてんを配合/

みそポタ・ゆるっと腸活ファスティングでファスティングを始めてみる
品名 みそポタ・ゆるっと腸活ファスティング
内容量 スープ1日1食7日分
※セット内容によって異なります。
カロリー
(1食あたり)
70~162kcal
※種類によって異なります。
含有成分 とうもろこしペースト・豆乳・たまねぎソテーペースト・とうもろこし・米みそ・もち米粉・昆布エキスなど
※種類によって異なります。
アレルギー 大豆
※種類によって異なります。

ファスティング食は味が薄く脂質や糖質が少ないものを選ぼう

「正しいファスティングのやり方」で説明した通り、ファスティングには準備期・断食期・回復期の3つに分けて行う必要があり、期間によってそれぞれ摂取する内容が変わります。

ただ固形物の摂取をやめて、野菜ジュースや酵素ドリンクを飲めばいいわけではありません。

計画的に準備をして、期間と体調の様子をみつつ、無理のないファスティング食を選びましょう。

基本的には、体に負担をかけにくい「味が薄く・脂質や糖質が少ない・飲み物や食べ物」を意識すると選びやすいです。

どの時期にどんなものを摂取する必要があるのか、具体的な内容を詳しく紹介していきます。

適切にファスティングを行うためにもぜひチェックしておきましょう。

ファスティング準備食は消化の良い食べ物を選ぶ

ファスティング準備期は、消化の良い食べ物をメインに「まごわやさしい」に代表される食事を意識して、徐々に断食期へ向けて体を整える必要があります。

「まめ・ごま・わかめ・野菜・魚・しいたけ・いも」の日本で伝統的な食材の頭文字を取ったもの。
食生活の改善におすすめの食べ物です。

脂質が多い肉や魚は消化に負担をかけてしまうため、ファスティング中は避けましょう。

反対に脂質の少ない白身魚や豆類・野菜といった食材の摂取はおすすめです。

そして、食品以外ではの注意点としてはアルコールやタバコを控えるようにしてください。

ファスティング中は通常の食事を取っている時よりも空腹な状態ですので、アルコールやタバコの摂取は胃腸へ負担をかけたり、体調不良を引き起こす可能性があるため気を付けましょう。

  • 「まごわやさしい」を意識した食事を取る
  • 白身魚や豆類・野菜がおすすめ

ファスティング断食期は栄養が豊富で体への負担が少ないドリンクを選ぶ

ファスティングの断食期には、栄養が豊富で体に負担のかかりにくい野菜ジュースや酵素ドリンク・グリーンスムージーといった飲み物を摂取しましょう。

体を動かすために糖分はエネルギー源として必要な成分ですが、ファスティング中(空腹時)に糖分を過剰摂取すると、血糖値が急上昇したり糖が脂肪に変わってしまう可能性があります。

そのため糖分が多い野菜ジュースや酵素ドリンクには注意してください。

また生命維持には塩分やミネラルも非常に重要なため、補給を忘れないようにしてください。

断食期は基本的に固形物は摂取しませんが、塩分やミネラルを補給するために、味噌汁を飲んだりや梅干し舐めても良いでしょう。

  • 栄養の豊富な野菜ジュースや酵素ドリンク・スムージーがおすすめ
  • 塩分やミネラルの補給も忘れない

ファスティング回復食は味の薄い流動食を選ぶ

回復期に入っていきなり元の食事に戻すと、胃腸に負担がかかり消化不良を起こす可能性があるため、まずはおかゆや野菜スープといった流動食から徐々に元の食事に戻しましょう。

体を慣らすためにも、脂質の多いものや味付けが濃いものを急に食べないよう気を付けてください。

回復期には「胃腸への負担を抑えること」「リバウンド防止」といった2つの目的があります。

ファスティング後は消化器官の調子が整い、栄養の吸収がよくなるため、一気に沢山食べると体重が増えてしまう可能性があります。

そのため空腹でも食べすぎに注意して、優しい味付けのものを摂取するようにしましょう。

  • おかゆや野菜といった流動食を食べる
  • 薄い味付けにしてたくさん食べすぎない

ファスティングを行う際は水分やミネラル不足・体調不良に注意する

ファスティングを行う上での注意点
ファスティングに使用される酵素ドリンクや商品によっては、「子供から大人まで摂取可能」と表記されているものもありますが、子どもやご高齢の方・妊娠中の方ファスティングは向いていません

また授乳中や体重が少ない方は、ファスティングは控えた方が良いでしょう。

理由としては、子供や妊婦の方は成長のために多くの栄養素が必要なため、ファスティングをすると栄養が不足してしまう可能性があるからです。

ファスティングでは以下のような効果が得られますが、体調に不安がある方や薬を常用している方は、事前に医師と相談してファスティングを行うようにしましょう。

その他にもファスティングを行う場合は、「1日に2Lの水分補給をする」「ミネラルを補給する」「体調を観察しながら無理せず行う」といった注意点3つに気を付けて、無理のないファスティングを心がけましょう。

ファスティング中は体内の水分が不足しがちになるので1日2Lの水分補給を行う

ファスティング中は水分補給が重要なため、1日に2L程度の水や白湯といった飲み物で、水分を取るようにしましょう。

通常の食生活であれば、飲み物からの水分摂取以外に、食事に含まれている水分を補給しています。

しかしファスティング中は食事をとらないため、体内の水分が不足しがちになることがあります。

そのため普段よりも、水分補給の量を意識するようにしましょう。

ただし一気に大量の水分を摂取しても、吸収できず排泄されてしまうため、摂取する回数を分けてこまめに取るようにしましょう。

また、以下はファスティング中に飲まない方が良い飲み物です。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • カフェイン入りのお茶
  • アルコール

コーヒーやお茶に含まれているカフェインは胃を刺激するため、特に断食期にはコーヒーや紅茶といったカフェイン入りの飲み物は、なるべく控えましょう。

ファスティング中はミネラルや塩分も不足しがちなので意識的にミネラルを補給する

ファスティング中は水分だけでなく、ミネラルや塩分も不足しやすいため、必ずミネラルや塩分も補給するようにしましょう。

ミネラルは細胞の活動をサポートする役割があり、塩分は生命維持に必要な成分です。

ミネラルや塩分が不足すると、貧血や頭痛・食欲不振・倦怠感といった体調不良を引き起こす可能性があります。

そのため汗をかきやすい時期でなくても、水分だけでなくミネラルや塩分の補給は忘れないようにしてください。

ファスティング中のミネラルや塩分補給でおすすめな方法は、梅干しや味噌汁・酵素ドリンクといった食品を摂取することです。

  • 梅干し(種をなめるだけでも可)
  • 味噌汁
  • 酵素ドリンク
  • 野菜ジュース

酵素ドリンクや味噌汁に使用する味噌は発酵食品で、様々な成分を摂取できお腹にも優しいため、ファスティング中にはピッタリです。

ファスティング中に好転反応に耐えられなくなったら素直に中断する

ファスティングを始める際は、体調をよく観察しながら無理のない範囲で行うようにしましょう。

ファスティング中は倦怠感・強い眠気・頭痛といった好転反応と呼ばれる症状が現れることがありますが、体調が悪いと感じたら無理せずファスティングは中止してください。

体が改善される過程で、一時的に表れる体調不良のような症状

ファスティング中に起こる1~2日程度の不調であれば、好転反応の可能性があります。

しかし症状が辛い時や長引く場合は、すぐにファスティングをやめましょう

ただし途中で中止したとしても、いきなり普段通りの食事や生活には戻さず、回復期同様の食事を摂るようにしてください。

ファスティングに関するQ&A

ここから先はファスティングのよくある質問を紹介し、解説していきます。

  • Q.ファスティングを行うのに適切な時期はある?
  • Q.ファスティング後の下痢は普通?
  • Q.ファスティングは期間が長い方が効果が出る?

ファスティングはいつでも気軽に始められますが、実はファスティングを行うのに適した時期があります。

適切に行えばデトックス効果や腸内環境の改善・ダイエットに役立ちますが、無理をしたりやり方を間違えると、体調を崩す原因になります。

そのためより良いタイミングで適切にファスティングを始めるためにも、今回解説する質問の中で知らない内容があった場合は、疑問を解消してからファスティングに臨みましょう。

ファスティングを行うのに適切な時期はある?

女性の場合は生理後3日ほどがベストな時期です。

自律神経を整える女性ホルモンの一種であるエストロゲンが生理後に多く分泌され、体調も安定しやすく、ファスティングを行う時期に適しています。

特にダイエットを目的としたファスティングの場合は、生理後3~10日の間でファスティングを始めると良いでしょう。

生理前や生理中は身体が栄養をため込もうとするため、ファスティングを始めるタイミングには向いていません。

体調を崩してしまう可能性もあるため、ファスティングを行う際にはタイミングに気を付けてください。

生理後でベストな時期であったとしても、体調がすぐれない場合は無理せず行うようにしましょう。

ファスティング後の下痢は普通?

食べることに使っていたエネルギーが排泄に集中するため、デトックスによって軽い下痢が起きることがありますが、数回程度なら問題はありません

ファスティング中は栄養を吸収する腸の機能が低下し、固形よりも水分を多く摂取していることもあり、排出する水分量が多くなって下痢を起こすことがあります。

そのため普段よりも便が柔らかくなったり、逆に黒い便が出る人もいます。

ただし下痢が数日続いたり強い腹痛があるなど、数日たっても体の異常が治らない場合は、すぐにファスティングをやめて状況に応じて病院で診断を受けましょう。

断食後はいきなり揚げ物や肉類など、消化に負担がかかるものではなく、消化吸収のしやすい回復食をしっかり摂りましょう。

ファスティングは期間が長い方が効果が出る?

ファスティングは期間が長いとその分体重は減りますが、無理は禁物です。

ファスティング中は必要最低限の栄養素のみを摂取するため、長期間継続すると栄養素が不足したり、体調を崩す可能性が考えられます。

また摂取エネルギーが少ないと、体は省エネモードになって摂取した栄養を溜めみやすくなるため、痩せにくくなることもあります。

そのためダイエットが目的で体重を落としたいという方なら、ファスティングだけでなく運動も並行して行うとよいでしょう。

過度な筋トレやランニングは体調を崩す可能性がありますが、ウォーキングやヨガのような有酸素運動なら、ダイエットにはおすすめです。

ファスティングの期間は、体の調子をみながら適切な期間で行うようにしましょう。

まとめ

ファスティングはデトックス効果や味覚をリセットする効果など、様々な効果が期待できます。

ただし1日だけ急に断食をしたりするのではなく、準備期・断食期・回復期の3期間に分けて、適切なファスティングを行うようにしましょう。

ファスティング食の選び方に関しても重要で、以下の選び方を参考に、準備期は消化の良い野菜や食材・断食中は野菜ジュースや酵素ドリンクといった飲み物・回復食はおかゆや流動食を取るようにしてください。

ファスティング食の選び方
準備期 ・「まごわやさしい」に代表される食事
・肉や魚など脂質が多いものは避ける
・アルコールやたばこを控える
断食期 ・野菜ジュース・酵素ドリンク・グリーンスムージーを飲む
・糖分が多い野菜ジュースには注意する
・塩分やミネラルの補給も忘れずに
回復期 脂質の多いものや味付けが濃いものを急に食べない

ファスティング中は体調が悪くなることもあるため、無理せず体の様子を見ながら行うようにしましょう。