AGA治療のタイミングは早いほど良い!AGA治療の効果を年代別に解説

  • 2022年9月30日
  • 2022年9月30日
  • AGA処方
AGA治療のタイミングを解説

「AGA治療に興味があるけど始めるタイミングが分からない」
「今から始めても発毛効果はある?もう手遅れ?」

このような悩みを抱えている方は多いです。

結論から言うと、AGA治療は何歳から始めても問題はありません。

頭皮が見えるほどの薄毛に悩んでいた50代男性が、治療を開始して髪のボリュームが元通りに回復した事例もあります。

AGA治療はいつから始めても問題ありませんが、できれば早いタイミングがおすすめです。

AGAは進行型の脱毛症のため、治療を開始するタイミングが早期であるほど、高い発毛効果を期待できるからです。

本記事では、AGA治療を始めるタイミングと、年代別の発毛効果について解説します。

薄毛に悩んでいる方は、本記事を参考にAGA治療を始めるタイミングをチェックしましょう。

  • AGA治療を検討している方
  • AGA治療はいつから始めるべきなのか知りたい方
  • 本当に発毛効果があるのか不安な方

AGA治療のタイミングは何歳からでも問題ない

AGA治療に興味がある方は、治療を開始するタイミングについて気になったことがあるのではないでしょうか。

長年薄毛に悩まされてきた方の中には、もう手遅れなのではないか、と考えてしまう方もいらっしゃいます。

ですが、AGA治療は何歳から始めても発毛効果があります。

AGA治療では、症状の進行具合に合わせて使用する薬や治療法が決定されます。

薄毛が進行している場合は複数の薬を併用することで、薄毛の防止と発毛効果を同時に見込めます。

実際に50代から治療を始めた方でも、半年後には全体的な髪のボリュームが増え、はっきりと脱毛症状の改善が見られました。

AGA治療のタイミングに悩んでいる方は、何歳から始めても症状の回復を見込めるので安心してください。

AGA治療は早めに始めた方が発毛効果が高くなる

AGA治療はできるだけ早いタイミングで始めることがおすすめです。

早期に治療を開始することで、髪の成長が止まることを防ぎ、より高い発毛効果を得られるからです。

発毛効果が高める理由に、髪の生え変わる仕組みが関係しています。

髪の毛には生えては抜けるを繰り返す「ヘアサイクル」と呼ばれる働きがあります。

  • 髪には2~6年の成長期があり、一般的に健康体の方でも、生涯に15~20回程度の周期で生え変わる
  • 髪自体の寿命は4~6年のため、15回×4年=約60年もの間、ヘアサイクルを繰り返す
  • AGAを発症することでヘアサイクルに異常が起こり、髪の成長を停滞させてしまう

AGAを発症することでヘアサイクルを維持できなくなるため、AGA治療はできる限り早期から取り組むことが重要です。

もしAGAの進行が長期間続いている場合、より強力な治療薬を服用する必要があります。

費用が高くなるだけでなく、身体への負担も増える恐れがあるため、AGA治療は早期に始めることをおすすめします。

20代でAGA治療をすると高い発毛効果を実感できる

ここからは、年代別のAGA治療の効果について詳しく解説していきます。

まず、20代でのAGA治療は、最も発毛効果を実感しやすいタイミングです。

先ほどお伝えしたように、AGAの治療は早期であるほど効果的です。

特に若い方の場合は症状が軽度であるケースが多く、髪の回復を十分期待できます。

その他、AGA治療を早く始める利点は以下の2つです。

  • 処方する薬の量が少なく、治療費を安く抑えられる
  • 周囲から薄毛の印象を持たれる前に対処できる

20代のAGA発症率は約10%、10人に1人の確率で発症するリスクがあります。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版(日本皮膚科学会)

周囲と比較して「自分だけ髪が薄い」と悩む必要はありません。

薄毛かもしれないと感じたら、早めにAGA治療を検討してみましょう。

30代のAGA治療は抜け毛を抑えつつ発毛も期待できる

30代になり抜け毛が増えたと感じ始めた方の中には、AGAが原因になっているケースが考えられます。

30代のAGA発症率は約20%、薄毛の原因として十分あり得る数字です。

AGA治療を始めることで、抜け毛を抑えるだけでなく、毛量の回復も期待できます。

30代は、治療のタイミングとして決して遅い段階ではありません。

最近抜け毛が多くなってきたなと感じたら、早めのAGA治療を考えてみましょう。

40代でAGA治療をすると現状維持と少しの発毛を狙える

40代でAGA治療を考える方は、ある程度薄毛の症状が進行してしまっているケースが想定されます。

そのため、「今から始めても手遅れだろう」と諦めてしまう方も少なくありません。

ですが、そのような場合でもAGA治療は効果があります。

たとえ頭皮が一部露出している場合でも、現状維持だけでなく、少量ですが発毛効果も見込めます。

AGAは進行型の脱毛症のため、できるだけ早く対策することで症状を最小限に抑えることができます。

40代になりそろそろAGA治療をしようかなと考えている方は、今すぐ治療を検討しましょう。

50代以降のAGA治療で薄毛の進行を遅らせることが可能

AGA治療は50代以降に始めても薄毛対策は可能です。

50代は薄毛になるだけでなく、白髪も多くなってくる時期かもしれません。

白髪がある状態でも、AGA治療は有効です。

白髪が発生するメカニズムと、薄毛になる原因は異なるからです。

50代以降のAGA治療で大切なことは、できる限り早期に対応することです。

  • 現状維持でもいいから、これ以上薄毛を悪化させたくない
  • 白髪が混じってきているけれど、AGA対策はしたい

上記の悩みに当てはまる方は、迷わずAGA治療を受けることをおすすめします。

AGAのタイミングに関するよくあるQ&A

ここまでAGA治療のタイミングと年代別のAGA治療の効果についてお伝えしましたが、他にも疑問に感じる点があるかと思います。

最後に、AGAのタイミングに関するよくある3つの質問に回答しています。

  • AGAを発症する時期はいつ?
  • AGA治療を始めるタイミングはどうやって判断する?
  • AGA治療を控えるべきタイミングはある?

AGAを発症する時期や治療のタイミングを判断するポイントなど、AGA治療を始める上で知っておくべき知識をお伝えします。

またAGA治療を控えるべきタイミングを知ることで、より安心して治療を検討することができるでしょう。

AGAを発症する時期はいつ?

AGAを発症する時期は、人によって様々です。

薄毛になるイメージから、40代や50代以降に発症するものと思っている方もいます。

しかしAGAの発症は男性ホルモンが関係しているため、ホルモンの分泌が始まる思春期以降に発症する可能性は十分にあります。

年代別の発症率は以下の通りです。

年代別のAGA発症率
年代 発症率
20代 10%
30代 20%
40代 30%
50代 40%

生活習慣の乱れがAGAを引き起こすケースもあり、「若いうちは大丈夫」と軽く考えてしまわないようにしましょう。

AGA治療を始めるタイミングはどうやって判断する?

AGA治療を始めるタイミングは、どうやって判断すればいいのか、疑問に思った方がいるのではないでしょうか。

治療のタイミングを判断するポイントは5つあります。

  • 枕元に抜け毛が目立つようになった
  • 額の生え際が後退しているように感じる
  • 頭頂部やつむじ部分が薄く、頭皮が見えてしまっている
  • うぶ毛のような細い柔らかい髪の毛が多く、ボリューム感がない
  • 同世代と比べ薄毛だと感じる

AGAを発症している場合、髪の成長が妨げられることで、髪の毛が細く柔らかくなっていきます。

その結果、抜け毛が増えて髪自体のボリュームも減少してしまいます。

以上の項目で当てはまる点が多いと感じた方は、AGA治療を検討してみましょう。

AGA治療を控えるべきタイミングはある?

ここまでAGA治療を始めるタイミングについてお伝えしてきましたが、反対に治療を控えるべきタイミングも知っておきましょう。

結論から言うと、妊活中のAGA治療は悪影響を及ぼす可能性があります。

AGA治療が妊活中の男性に及ぼす影響は、以下の通りです。

  • 勃起不全
  • 精液量減少
  • 胎児の発育への影響

治療薬によっては男性だけでなく、妊娠中の女性にも悪影響を与える可能性もあります。

妊活中のAGA治療を検討している方は、一度医師に確認してみることをおすすめします。

AGA治療は後悔しないために早期のタイミングで始めよう

AGA治療は、何歳から始めても薄毛や抜け毛の回復が期待できます。

たとえ50代以降の治療でも、脱毛症状の悪化を防ぐことができます。

AGAは進行型の脱毛症です。

発症してから治療するまでの時間が長引いてしまうほど、脱毛症状は悪化し続けてしまいます。

そのためAGA治療は、できるだけ早いタイミングから始めることで、より高い治療効果が見込めます。

「もっと早くから対策しておけばよかった…」と後悔することがないよう、早期からAGA治療を開始しましょう。