メニュー

ホルモン検査

 

 

ご予約はこちら

※自費PCR・その他を選択ください

 

ホルモンとは

ホルモンは、脳下垂体(or下垂体)、副腎、卵巣、清掃など様々な部分から血液中に分泌されていて、各組織・器官の機能調整を行っています。

しかし、加齢にともなってホルモンの分泌量が減少すると、老化現象のほか、様々な病気の原因となる場合があります。

 

まめクリニックのホルモン検査

当院のホルモン検査では、老化に関わるホルモンを計測します。男女それぞれに注目すべきホルモンは異なるためそれぞれのパッケージプランもご用意しております。またご希望の方には最新のアンチエイジング治療により、若さを保つだけでなく病気になるリスクを減らし健康な日常生活をサポートします。

◎各検査は血液検査となります

◎検査後、約3~4日で結果が出ます。

 

各種ホルモン検査の費用について

ホルモン検査は自由診療になります。当院ではご来院者に過剰な負担をおかけしないよう診療費設定しております。

※当院のNMN点滴をご希望の方には初回に基礎セットを無料にてお試しいただけます。

◎ホルモン検査(基礎セット) 5,500円(税込)

◎ホルモン検査(基礎セット) + 男性ホルモンセット 6,600円(税込)

◎ホルモン検査(基礎セット) + 女性ホルモンセット 6,600円(税込)

 

1.     ホルモン年齢検査 基礎セット

< DHEA >

DHEAは、筋肉を増やし、脂肪を減らす働きがあります。また、抗糖尿病作用、免疫力を高める作用、寿命延長作用、発癌の抑制作用なども明らかになっており、40~50歳以降にあらわれるさまざまな生活習慣病に対抗するホルモンとして、抗加齢医療で若さを保つホルモンとして注目されているホルモンです。

< コルチゾール >

コルチゾールは肝臓で糖を作る、脂肪を分解する、抗炎症作用、筋肉でタンパク質を代謝するなど大切な働きをしています。心身がストレスを受けると、急激に分泌が増えることから、「ストレスホルモン」とも呼ばれています。コルチゾールは血糖値を上げることで、ストレスから体を守ろうとしているのです。しかしこの時に発生する活性酸素はDNAを酸化させたりして、体を老化させます。そのため、コルチゾールは老化ホルモンと呼ばれることもあります。

★DHEAとコルチゾールのバランスについて

この2つのホルモンのバランスが乱れる原因の一つが副腎の疲労です。コルチゾールなどの分泌に追われ続けるなど副腎が疲労し過ぎると、DHEAが分泌されにくくなってしまい、バランスが崩れてしまいます。この副腎疲労があると、不安感や倦怠感に襲われます。また朝のだるさや食欲・性欲不振、何ごとにも意欲的に取り組めなくなるなど、生活先般に大きな支障が出てしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

<IGF-Ⅰ(ソマトメジンC)>

 

成長ホルモンの働きで肝臓から生成されるIGF-Ⅰは成長ホルモンの量を間接的に把握する目的でも測定されます。

 

◎IGF-Ⅰの働き

 

・成長促進作用

・インスリン様作用

・細胞の増殖・分化の促進

 

など多彩な作用を有しています。

 

老化に関わる働きとしては

・美肌成分(うるおい成分やコラーゲンなど)の生成を促進

・肌の新陳代謝を活発化

・血行を良くして肌の老廃物を取り除く

 

などがあり、肌がスムーズにターンオーバーするためにも、美肌やアンチエイジング、シミやシワの防止のためにも、成長ホルモンとIGF-Ⅰの分泌は必要不可欠です。

 

30代くらいから加齢と共に減少していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まめクリニックでは以上3つのホルモンを測定してホルモン年齢を測定します。

 

2. 男性ホルモンセット

基礎セットに加え男性に特徴的なホルモンを計測します。

老化に加え、近年注目されている男性更年期障害を調べることもできます。

 

<テストステロン>

テストステロンは下記のように肉体面・精神面の健康に関与しております。

 

・性欲を上げる

・記憶力・集中力を上げる

・モチベーションのアップ

・筋肉量アップと維持

・生活習慣病の予防、健康増進

・精神を安定に保つ

・アンチエイジング効果

 

 

 

 

 

 

◎テストステロンの減少

テストステロンの分泌は男性の場合、20,30代をピークに40代くらいから加齢に伴い減少がはじまるとされております。

近年、テストステロンの減少によって身体、精神的症状が出現する病気として男性更年期障害が認知されてきました。

男性更年期障害とはLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とも言われています。

 

LOH症候群の症状として

・気分が落ち込みやすくなる

・イライラする

・疲れがとれない、眠れない

・勃起しなくなった、性欲が明らかに減った

・めまい、頭痛がする

・体がほてる、異常に汗をかく

 

などが挙げられ、特徴として同じ症状が毎日続くのではなく、様々な症状が日替わりで出てきます。

 

 

 

 

<男性更年期障害(LOH症候群)を診断する>

LOH症候群の自己チェックするための代表的なスコアとしてAMSスコアの質問票があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まめクリニックでは遊離テストステロンを測定することで分泌量を確認し、老化の進行を抑える治療提案をさせていただきます。

 

3. 女性ホルモンセット

基礎セットに加えに女性に特徴的な老化や更年期障害に関わるホルモンを計測します。

 

<エストラジオール(E2)>

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。簡単に言えば、前者は「女性をつくるホルモン」で、後者は「妊娠を成立し維持するホルモン」です。

エストラジオールはエストロゲンの中でも最も強い働きをするホルモンで女性を美しくしてくれる効果があり、「美人ホルモン」とも呼ばれます。肌や髪の毛をつやつやにし、女性らしさを作るホルモンです。

 

◎エストロゲン(エストラジオール)が減少すると、、、

 

・ほてり、発汗

・膀胱炎

・疲労感

・膣の乾き、性交痛

・記憶障害、思考がはっきりしない

・骨量減少

 

以上のような様々な症状が現れる方もいます。

 

女性は閉経の前後5年くらいを更年期といいエストロゲンの分泌が急激に減少します。

その際に起こるさまざまな不調を更年期症状といい、程度の差はあっても誰にでも起こります。中でも仕事や家庭生活などに支障が出るほど重い症状が続くケースを更年期障害と呼びます。

若さを保ち、老化を進行させない治療提案

まめクリニックはアンチエイジングの提案としてNMN点滴をご用意しております。

⇒NMN点滴についてはこちら

また過度な食事制限や運動をせずに体重減少を目指すメディカルダイエットのオンライン診療も行っております。

⇒メディカルダイエットについてはこちら

 

内科医が監修の科学的根拠に基づいた治療により質の高い健康をサポートします。

決済方法

・1回払いのみですが、クレジットカード決済をご利用できます。

・Paypayのご利用も可能です。

お仕事帰りも便利

ビジネスマンがお仕事帰りにご来院できるよう、まめクリニックグループは平日は22時、土日祝は18時まで診療して

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME